1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに日本上陸!?海外で話題の「裸のレストラン」が7月オープン

7月29日、港区に期間限定でオープンするという日本初となる裸のレストラン「THE AMRITA(アムリタ)」。海外ではすでに大人気という「裸のレストラン」、一体どのようなものなんでしょうか?

更新日: 2016年06月10日

tosemoveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
73 お気に入り 247166 view
お気に入り追加

◆この夏、港区に日本初の「裸のレストラン」がオープンする

7月29日、日本初となる「裸のレストラン」が港区にオープンする。

東京都港区に7月29日、日本初の裸のレストラン「THE AMRITA(アムリタ)」がオープンする。

THE AMRITAは、通常、日本ではお目にかかることが不可能な世界トップクラスのMen's Show Dancerやモデルなどを多数集めたレストラン

インド神話に登場する神秘的な飲料の名で、飲む者に不死を与えるとされる。

◆海外ではすでに大人気となっているこの「裸のレストラン」

ロンドンとオーストラリアで出店した際には大人気となったこの裸のレストラン。

初めは裸が受け入れられなかった人たちもあら不思議!気が付けば神々に近いスタイルで食事を楽しんでいるんだとか……。

ロンドンやオーストラリアでは1日で完売し、現在2万人待ちとも3万人待ちとも言われている裸のレストラン

参加者の中には当初、加齢や病気などで自分が裸であることを気にしている人もいたというが、

すぐにその懸念は取り払われ、「全てが受け入れられている」と肯定的な気分を感じた

「神々に近い自然なスタイル」でオーガニックフードを使ったディナーが楽しめるとのこと。

▼日本では全裸ではなくGストリングや小さなショーツを着用

しかし、海外と違い日本では全裸は禁止!また年齢制限や体重制限など細かいルールがあるみたい。

詳しい場所については申込者にだけメールで通知されるとのことです。

日本にオープンする裸のレストランは他の国と異なり、完全な裸ではなくGストリングや小さなショーツを着用

誰もが入店可能ではなく、18歳~60歳の年齢制限と「ひどくない程度」の体重制限も付いています。

入れ墨やタトゥーがある方はNG。また写真撮影はNGなど守らなければならないルールがあるんだそう。

入れ墨やタトゥーがある人は入れません。また、ほかの客に話しかけたり、触ったり、撮影したりは厳禁。

◆それぞれコースによって料金が異なり、マッスルウエイターが給仕してくれるという

コースはSコース、Aコース、Bコースの3つ。海外から来たマッスルウエイターが給仕してくれる。

入店後の手順も公開されており、入店後は紙製の下着を着用、カメラなどは専用の鍵付きボックスへしまい、いざ食事

オープニングイベントには、≪世界一美しい肉体を持つ男≫といわれるアメリカのメンズショーモデルも来日

他、ニューヨーク・ロサンゼルス・ロンドン・イタリアなどの多数のオーディションより選択された外人のマッスルウエイター複数がGストリングのみのスタイルで給仕を致します。

▼この「裸のレストラン」は早速ネットでも話題になっているみたい

面白い! 話題の「裸で食べるレストラン」が日本で7月にオープン、予約受付を開始! (男子ハック) - horiemon.com/news/2016/06/0…

1 2





tosemoveさん

まとめを読んで頂きありがとうございます。個人的に気になったことを出来るだけわかりやすくまとめていきたいと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう