1. まとめトップ
  2. 雑学

これホント。意外な「日本グッズ」が、世界救ってた…!

でも理由聞くと納得。

更新日: 2016年06月11日

Ironyucさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
109 お気に入り 287154 view
お気に入り追加

世界30カ国でまさかの「必携グッズ」

【地球イチマイ】インドネシアの母子健康手帳ライブラリーの一枚。日本発の母子手帳は今や世界各地で普及が進み、母子保健改善に貢献しています。来月には、アフリカのカメルーンで母子手帳国際会議が開催される予定です。 pic.twitter.com/VbwKaSeRXC

日本で70年近い歴史を誇る #母子手帳。JICA等の取組により世界にも広がっています。G7伊勢志摩サミット成果文書でも初めて取り上げられました!写真はベトナム。mofa.go.jp/mofaj/files/00… pic.twitter.com/5kpYa6wZOX

【インドネシア】2004年に母子手帳を推奨する保健大臣令が出て以降、全土に広がった。

他にも、タイ、ベトナム、カメルーンなど。

【中国でも】全土で母子手帳を普及させる計画を発表した。妊娠を希望した時から配布を検討しているという。

途上国だと、通院して検査をしてもらうという習慣がないところが多くて、トラブルも多かった…

「子どもの体重や健康状態が分かるので、この手帳を持つと安心です」「健康管理に手帳は効果的です。手帳を持ててうれしいです」

母子手帳を読んで娘を村の診療所に連れて行ったところ、長女は気管支炎を起こしていたことが判明。対処が遅れたら危険な状態だった

インドネシアでは妊産婦死亡率が大きく改善。切り札は日本の母子手帳⁉逆さの写真ですみません!わかりやすいイラスト満載! pic.twitter.com/iwywpxiZ

「夏の風物詩」は、世界を救ってた

ドイツにも蚊取り線香が存在することを知った pic.twitter.com/RFEimiTaOI

ヨーロッパでも、ぐるぐるスタイル

虫がこないように蚊取り線香焚いてた(笑)ハエとかにも効くんかな?(^^;; ともあれ、ベトナムは自分が回った東南アジア家具国のどこよりこういう市場で匂いがしない。東南アジアの市場は臭いと言われる方が時々いるけど、ベトナムは例外。 pic.twitter.com/PbN6kSBhqP

置く場所が、異文化だわ。

「蚊がウザい」とかいうレベルじゃない

人の生命に関わることでもあるため、低所得者でも購入しやすい価格に設定しています

日本でも安いけど、日本よりよっぽど安いらしい

そして、「蚊取り」ガジェットも大人気

紫外線を出して蚊をおびき寄せて気流で吸い込み、内部の粘着シートで捕獲

やっつけ方が斬新すぎる。。

ちりやほこりを吸うために空清が起こす気流によって薬剤も拡散し、蚊に対する殺虫効果を弱めてしまう

こういう理由があったんだ。

海外に空気清浄機を売りだそうとしたところ、現地の人からもらったアドバイスがきっかけ。

【ついでに】世界救ってはないけど、超愛されてる

価格は海外では倍になっている。にもかかわらずインテリアとしてではなく、生活のなかで実際に使われている

1 2





Ironyucさん

ニュース記事の深堀り&わかりやすくまとめる系を多く作ってます!