1. まとめトップ

ドミナント戦略 ~地域で一番になる戦略

ドミナント戦略は、特定地域内に集中した店舗展開を行う戦略で、

更新日: 2016年06月11日

0 お気に入り 237 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mamekotoさん

ドミナント戦略とは

ドミナント戦略(ドミナントせんりゃく、strategic dominance)とは、チェーンストアが地域を絞って集中的に出店する経営戦略である。同一商圏内における市場占有率の向上(独占状態)を目指す。ドミナント出店、エリア・ドミナンス戦略、あるいは単にドミナンスとも言う。

ドミナント(dominant)は、「支配的な」「優勢な」「優位に立つ」という意味を持つ言葉です。小売業がチェーン展開をする場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める一方で、地域内でのシェアを拡大し、他小売業の優位に立つことを狙う戦略をドミナント戦略といいます。

ドミナント戦略のメリット・デメリット

集中して出店することで、バラバラに出店するよりも効率が上がり、そのエリアの顧客を独占することが可能となります。

■集中することによる5つのメリット
・広告宣伝費の削減
 同じ地域に出店しているので費用の削減ができます。

・知名度の向上
 看板などで会社名を認知してもらう機会が増え、
知名度が向上します。

・市場占有率の向上
 一定地域で占有率が高くなると、他社が参入しづらくなります。
 セブンが名古屋への進出が遅かったのも名古屋で同じような戦略で成功していた
 サンクスがあったからだそうです。

・物流コストの削減
 同じ地域内に店舗があるため、配送時間や倉庫管理が削減でき、
 物流コストを削減することができる。

・店舗管理コストの削減
 従業員の店舗間移動のコスト削減や、地域管理するマネージャ数の削減になります

■ドミナント戦略の3つのデメリット
・災害による被害の拡大
 同じ地域内になるので、壊滅的な被害を受ける場合があります。

・資本のある大手の参入
 業界最大手の出店があれば、一度に被害を受ける恐れがあります。

・カニバリゼーション(共食い)の発生
 同じ地域内にあるので、お互いのお客さんを奪い合ってしまう可能性があります。

動画解説

口コミ情報

ドミナント(dominant)は、「支配的な」「優勢な」「優位に立つ」という意味を持つ言葉です。小売業がチェーン展開をする場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める一方で、地域内でのシェアを拡大し、他小売業の優位に立つことを狙う戦略のこと。

ドミナント【strategic dominance】〔商〕チェーン展開している店舗について、特定の地域・路線沿いへの集中的な出店により、同一商圏内のシェア向上や独占を意図した出店戦略や出店計画のこと。ドミナント出店。エリア・ドミナンス戦略。

ドミナント戦略。定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める。効率的な配送ルートが設定できるため、物流費の削減効果が得られる。スーパーバイザーも効率よく個店を巡回できる。宣伝も全国規模でなく、出店している地域に絞って行うことができる為、広告宣伝費も削減することができる。

セブンイレブンはある地域に店をまとめて出店するドミナント戦略をとっています。配送コストや人件コストを削減でき、管理もしやすいので他のチェーン店でも採用されつつあるようです。とても効率的な戦略だと思いませんか?

ドミナント戦略:主にチェーン展開している店舗の出店施策を表すビジネス用語。全国津々浦々を対象にした絨毯爆撃のような出店を行なわず、特定の地域や特定の路線沿いを対象に次々と出店する。競業他社や競合他店に対して、特定商圏内の市場シェア率の向上獲得や独占を意図した出店戦略・計画である。

1