1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

個性派ぞろい…最近気になる「カタカナ」の男性ミュージシャン

どこか個性的な雰囲気を醸し出す「カタカナ」の名前。最近新譜を出したり、ライブで活躍するカタカナの名前の男性ミュージシャン(シンガーソングライター)をまとめてみました。

更新日: 2016年07月19日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
145 お気に入り 46143 view
お気に入り追加

「カタカナ」のバンドだと…

気になる「カタカナ」の名前の男性ミュージシャンたち

■「ビッケブランカ」

愛知県出身の“ポップマジシャン”の異名をとるシンガー・ソングライター。MIKA、マイケル・ジャクソンなどに影響を受ける。2012年6月2日、名古屋のライブサーキット〈SAKAE SP-RING〉にて活動開始を発表し、YouTubeにて「Wake Up Sweetheart」を公開。同曲が大阪のライブサーキットの「充電ソング」企画で第1位に輝く。

美麗なファルセットボイスとピアノが紡ぎだすポップチューンが武器。

ビッケブランカ『秋の香り』(official music video)

ビッケブランカ『追うBOY』(official music video)

サーキットで何回も一緒なのに全然観れなかったので対バンできてよかったコレサワ氏。 サカエスプリング! 【ビッケブランカ】は【明日】12:45〜 SPADE BOXです! 【コレサワ】は【今日】17:45〜 HeartLandです! pic.twitter.com/CIdA8bwg9K

最近ビッケブランカやばい エンナチュラルのCMの曲もCDとか出すなら買いそう pic.twitter.com/VzKnIJqOzj

■「スネオヘアー」

1971年5月6日生まれ、新潟県長岡市出身のミュージシャン、渡辺健二による一人プロジェクト。2002年に「アイボリー」でメジャー・デビュー後、コンスタントに作品を発表しながらYUKI、新垣結衣らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、サントラ/CM音楽の制作や映画出演など幅広く活躍。2010年には映画『アブラクサスの祭』で初主演を果たす。

ちょっとひねくれ&セツナ系の歌詞ですが、サウンドはポップ!

スネオヘアー/無くした日々にさよなら

赤いコート/スネオヘアー

スネオヘアーくんと。てなわけで、今日はこれから島根へ!明日は広島!そして今日はホフディラン成人式のチケット一般発売日。みなさんぜひ!hoff.jp/e/20th/ pic.twitter.com/dUA4ivNmEM

今まさかまさかと思ったら… 渋谷駅でスネオヘアーさんにお会いした‼︎‼︎ いきなり話しかけてしまった… リリイベ行きましたって言ったら、「ありがとうございます。アルバムもよろしくお願いします」って言ってくださった✨ 感動した‼︎✨

■「カジヒデキ」

出典cntr.jp

1967年5月8日生まれ。千葉県富津市出身の男性ミュージシャン。本名は加地秀基。バンド“ブリッジ”を経て、96年にソロ・デビュー。

デビュー時からスウェーデンのミュージシャンらとの親交を温め、スウェディッシュ・ポップを日本に広めることに尽力。また、UKインディ・ シーンとも関係が深い。

CMソングやプロデュース、楽曲提供、自身主宰のクラブ・イヴェント〈BLUE BOYS CLUB〉など精力的に活動。

Hideki Kaji "Heroes" (Official Video)

HIDEKI KAJI "TROPICAL GIRL" (Official Music Video)

高1の頃にPATi PATiに投稿した絵。カジヒデキさん描いてた。目が小さい。 pic.twitter.com/bEeR5V731p

5/25に『The Blue Boy』をリリースしたカジヒデキさんがご来店‼︎デビュー20周年おめでとうございます‼︎今作も爽やかな大傑作!いつまでも憧れの存在です。是非聴いてみて下さい♪ #カジヒデキ (ウ) pic.twitter.com/JNLZZ9SnPG

今も昔も全く変わらない人を知っているそれは、カジヒデキである

1 2 3





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう