1. まとめトップ

蛍鑑賞に気を付けてほしいマナー!

蛍の時期になりましたね♪しかし、鑑賞するときのマナーはあまり知られていませんね。気持ちよく蛍鑑賞するためにお互いきをつけましょう!

更新日: 2016年06月11日

3 お気に入り 2734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

neverwaveさん

蒸し暑い時期になりました。

ジメジメしてくるこの時期。
嫌ですね。。

そう!こんな時は蛍を見に行きましょう!!!

キレイな蛍を見ると、蒸し暑いことも忘れて、心奪われますね。

仕事帰り。とある場所へ。暗くなるのを待った。木々の合間からポツリ、ポツリと小さな光。蛍。うまく写真は撮れなかったけど、しっかり見てきた。キレイな水のトコにいる蛍。人間が来ちゃいけないよねー。でも、少し癒された。明日もぼちぼちやりますか。

今から、蛍見に行って来ます! 見られるといいな~(*´ω`*)

行く前に。蛍鑑賞で気を付けることってなんかあるの?

ほかの人に嫌な気分をさせたくないですよね。

【ホタル観賞にはマナー】
・蛍の観賞時は、ライトをつけないようにします。
蛍は強い光を嫌います。光があると蛍がいても光らないので、真っ暗な状態の方が適しています。携帯などのカメラや動画での撮影はやめましょう。
・蛍がいそうな草むらに、むやみに入るのもいけません。
蛍がいて、踏んでしまうかもしれないませんよ。
・生息エリアは汚さないようにしましょう。
蛍は、水がきれいなところにしか生息しません。川が汚れてしまうと蛍が棲めないので、出たゴミは持ち帰るなど、配慮しましょう。

・蛍は捕まえてはいけません。
きれいに光ると持って帰りたいと思いますが、成虫になってからの蛍は寿命が短く、光っている蛍はもう数日しか生きられないのです。生涯の最後の姿だと思うと切なくなりますが、見守ってあげましょう。
・静かに観賞しましょう!
蛍が棲む地域は、静かなところが多いので、近隣住民に迷惑にならないよう、静かに観賞しましょう。大騒ぎすると蛍も逃げてしまいます。
・虫よけスプレーはつけないようにしましょう。
以前、蛍の観賞に行った時に、「虫よけスプレー」をしている人がおおく、「蛍が光らない」と場内案内をしていた人が言ってました。蛍も「虫」になるので、虫よけはつけなようにしましょう。

ホタル鑑賞時のマナー

● 発生地内をライトを付けたまま車で走らない。
● 発生地内で車のハザードランプを点灯させない。
● 懐中電灯を照らさない。
● ストロボを焚いて写真撮影しない。

蛍を撮影したい方はこちらを参考にどうぞ。

マナーを守って、夏の風物詩である蛍を気持ちよく鑑賞しましょう♪

1