1. まとめトップ

【画像大量】三重県の心霊スポット&廃墟まとめ【永久保存版】

三重県の心霊スポット&廃墟を一挙に紹介します!

更新日: 2016年11月06日

5 お気に入り 49872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tensyokuさん

全国の心霊スポットまとめリンクが出来ました↓

三重県の心霊スポット&廃墟まとめ

中河原海岸

【総合評価】★(★★)
【所在地】三重県津市高洲町

様々ないわくが事実として記録された海岸。
第二次世界大戦により250余名が命を落とした時、火葬が間に合わず遺体はこの海岸に埋められたといわれている。
昭和30年には海岸で水泳授業を行っていた女子中学生36人が溺死した(橋北中学校水難事件)。
生存した女学生複数人が「頭巾を被った人に引きずり込まれた」などの証言をした、という話がある。
その後も事故が絶えず海岸は遊泳禁止となってしまったそうだが、事件時に異常海流の話題が度々挙げられていたので当然の処置だろう。

旧女鬼トンネル

【総合評価】★(★★)
【所在地】三重県多気郡野中 県道119号線

トンネルの上に処刑場があったらしく、女性の幽霊が多く目撃されている。
多くの旅人が命を落とした「女鬼峠」も霊現象の原因の一つかもしれない。
トンネルの入り口は鉄の扉で堅く閉ざされており、反対側の扉も壊れて通り抜けができなくなっている。
が、不幸な出来事が起こる日はその扉が半分だけ開いているそうだ。

湯ノ山の幽霊ホテル(ホテル・ブルー)

【総合評価】★★
【所在地】三重県三重郡菰野町

湯の山温泉にある廃ホテル。「いざない橋」のたもとに位置する。
この廃墟は心霊スポットとしても知られ、女のうめき声が聞こえた、手形が付いていたなどの噂がある。
内部の解体が進んでいるらしいが、途中で放棄された可能性がある。
現代の温泉街は廃墟のオンパレードであり、それは湯の山に限った話ではない。

昇龍温泉/M健康ランド(名阪健康ランド)

【総合評価】★(★)
【所在地】三重県伊賀市上村

伊賀市にある健康ランド跡。屋根の上にある龍が目立つ。
昭和62年に完成し、建物面積5,720.09m2を誇った。
施設が賑わっていた時代からは一変して荒れ果てており、当時を知る人々から悲鳴が上がっている。

鱒池亭

【総合評価】★★★
【所在地】三重県伊賀市北山or勝地

青山高原に佇む廃旅館。
一家心中事件が起きたため廃業したという噂があり、県内でも有名な心霊スポットとなっている。
しかし経営難に陥ったという方が分かりやすいほど不便な場所にある。
男女の霊を目撃したという噂や、異様な空気が流れている、何かが迫ってくるといった話も散見される。
高低差はそれほどないが、旅館に辿り着くには鉄骨部分しか残っていない橋を渡る必要があるので注意。

赤目四十八滝

【総合評価】★(★)
【所在地】三重県名張市赤目町

全国各地にある四十八滝の1つ。赤目五瀑の1つ「千手滝」は日本の滝百選にも選ばれている。
直木賞作家の車谷長吉が著した「赤目四十八瀧心中未遂」のモデルにもなっており、映画化されているそうだ。
この滝は心霊スポットとしても知られ、霊の目撃談が多く報告されている。
自殺スポットという話も出ており、その影響もあるようだ。

鶯花荘+菰野湯の山(鶯花荘寮)

【総合評価】★★★
【所在地】三重県三重郡菰野町

湯の山温泉にある廃旅館と職員寮跡。
1960年代に建てられ、2008年頃には既に廃墟になっていたそうだ。
寮は特に心霊スポットと言われ、「入ると近日中に必ず事故を起こす」事で有名。
この建物に入った16人が死亡しているという話がある。

旧総谷トンネル+旧梶ヶ広トンネル

【総合評価】★★★(★)
【所在地】三重県津市白山町上ノ村

三重県屈指の心霊スポットといわれる。
1971年、近鉄の特急同士がトンネル内で正面衝突し、死者25人・負傷者227人の犠牲者を出した(近鉄大阪線列車衝突事故/青山事故)。
大規模な事故だったが、偶然にも学会に向かう医師達が乗り合わせていた為、死者が少なかった。
その後旧線区画は全線廃止となったが、旧総谷トンネルでは今でも犠牲者の霊が目撃されているらしい。
特に女性の声が聞こえてくるという噂が有名で、他にも入り口に男性の霊が立っているという話もある。
旧総谷トンネルのすぐ手前(奥)には同じく廃線となった「旧梶ヶ広トンネル」が佇んでいる。
この一帯のトンネル群は「青山トンネル(近鉄大阪線青山廃線跡トンネル)」とも呼ばれ、全てのトンネルを踏破するなら3000mの道のりを覚悟しなければいけない。

1