1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

知らないとマズイ…「仮想現実」に潜む恐ろしい危険

今年は「VR元年」と言われていますが、怖い部分も知っておかないと大変なことになるかもしれません

更新日: 2016年06月19日

iisanchosiiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
258 お気に入り 404014 view
お気に入り追加

「VR」だいぶ普及してきた

犯罪に利用される?

外界から視覚と聴覚がほぼ完全に遮断されます。その状態の人間はかなり無防備。周囲の変化になかなか気づきにくい

カバンから財布などの貴重品を盗まれる、女性の場合は盗撮されたり、身体を触られるといった性犯罪も考えられます

これ本当に気になる。防犯性高めるのは没入感とのトレードオフになっちゃいそうだし。 / “流行りの「VR」がはらむ犯罪の危険。装着中は無防備、どう身を守る? - Engadget Japanese” htn.to/qv825QK2

子どもは絶対に使ってはいけない?

SONY、Google、HTC、SamsungなどVRに力を入れている企業は、軒並み子どものVR使用に否定的

各社揃って子供(12歳~13歳以下)は使わないようにとの注意喚起を行っていますが、これは「目が悪くなるから」とかの消極的な話ではなく、医学的に根拠があってのこと

幼少期の視覚に負担がかかると、一生にわたって物の見え方に影響を及ぼす可能性がある

3D映画を視聴した4歳の子供が、3D映像を見てから目が内側に寄ってしまった。手術をするまで3か月間斜視の状態が治りませんでした

VRは面白そうだけど、斜視は怖いな。たった3D映画1本見ただけで、子どもが斜視になっちゃって、手術した事例がある。

斜視問題がある限りVRヘッドセットのゲームはあり得ないと思う。 子どもができなきゃ

精神的な影響も、割と本気で危惧されてる

昔からゲームと現実の世界の区別がつかないとか、”ゲーム脳”とかいう話題にとってもイライラしていた人間です。自分たちが気に入らないものを排除したいだけだろ、とか思っていました

拡張現実で撃たれたらどうなるんでしょうか。拡張現実で、目の前にナイフを持った人間が急に現れて脅してきて喉元かっ切られたら、下手をすればトラウマになる

『楽しくない、怖い(泣)』『一刻も早くゲームのプレイを辞めたい(泣)』

1 2





iisanchosiiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう