1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

teamB2さん

ピーク

市川美織 梅田彩佳 太田夢莉 加藤夕夏 城恵理子 渋谷凪咲 白間美瑠
高柳明音 藤江れいな 村瀬紗英 矢倉楓子 山田菜々 薮下柊

NMB48 2ndアルバム「世界の中心は大阪や~なんば自治区~」Type-M収録

お薦めポイント

歌詞

歌詞は恋愛ソングにはなっているが、2番以降のどちらかというと平凡な日々から抜け出して、一歩踏み込んで、頂点に向かって進んでいこうという女の子への勇気を促す歌と言える。常に競争にさらされる48グループの女の子達の生き様にも重なる。

歌詞の世界観を忠実にかっこよく表現しているダンス

NMBファンは大変お世話になっているAKIRA先生の振り付け(のはず)   
歌の世界にあわせた激しい手の動きと次々と入れ替わる
スピード感のあるフォーメーションはかっこよさとかわいらしさが同居している。
そして見せ場は2番のBメロの入りの白間矢倉のタッチ。
さやみるの次を担う2人だが、ライバルとして扱われることが多く
(実は本人達は全くそういう意識はないようですが)その2人の一瞬のタッチは
スラムダンク最終刊における桜木流川のタッチを思い出させる貴重な瞬間。
さらにCメロからのサビでは、全体がひとつの塊なったかと思えば
フロントの4人がピークに向け手を伸ばし、他はOKサイン。
それから全体でピークを指差すという動と静のコントラストと
完璧な歌詞にシンクロした表現で
見る者を歌の世界により深く引き込んでいく。

歌詞にあわせた豊かな表情

1番と2番では世界ががらっと変わる歌詞にあわせ、表情やしぐさの違いがあり、
特に2番のAメロでの薮下渋谷のせつない表情がポイント。
またそこからサビへと徐々に笑顔が増え、感情が爆発していくところにも
ぜひ注目してほしい。
そして最後は全員が覚悟を決めたようなシリアスな表情になる点も
歌の世界を忠実に再現している。

ライブでの盛り上がり度

疾走感があり、またどこかせつなさの残るメロディーはライブでこそ輝く。
大人数のライブで完全に化けた一曲とも言える。
白間の低くてかっこいい秘めたる決意を感じるような
静かな歌い出しから徐々に加速していき
爆発力のあるサビで一気に盛り上がる。
イベント後のファンの感想でも人気が非常に高く、
大きな会場では欠かせない一曲になりつつある。

暗闇に映えるレインボーカラーの蛍光衣装

蛍光のレインボーカラーのストライプと振り付けにより
照明を抑えた暗いステージでは特に輝きのかっこよさが目立つ。
手首につけるピークを示す矢印は曲の世界をシンプルに伝えると同時に
手の振り付けをよりいかすものとなっている。

NMB48メンバーのことば

メンバーの山尾もこの曲のダンスについて悩んだこともあり、最も印象に残った歌と語り、
ドラフト二期生本郷も自身が持つ高い目標と重ねあわせてか、歌詞を絶賛している。
NMB曲の振り付けをいくつか担当し、ダンスが得意なメンバー日下も、
どの曲の振り付けが好きかという質問に、ピークの振り付けが大好きだと解答している。

前、ふぅみるの歌い出しの話になった〜 ふぅちゃんは可愛い声して歌の時は以外に低いカッコ良い声やねんな〜 みるももの凄く低い☺️ ふぅみる歌い出しでオススメは『ピーク』かな❤️

白間美瑠ツイートより

1 2 3 4 5 6