1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

バッテリー持ちも改善!夏はスマホの耐熱対策が超大事

夏になると「この熱さ、ヤバいんじゃないの!?」というぐらいスマホが熱くなることも。。

更新日: 2016年06月14日

nomorenomoreさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
259 お気に入り 166269 view
お気に入り追加

熱いスマホ、危険です。

真夏の屋外でスマートフォンを使っているとバッテリーの減りが早い気がした経験はないでしょうか。実はこの温度による性能の変化は、バッテリーの温度を調整するために起こっている現象なのです。

充電しながらゲームするとスマホめっちゃ熱い。電池の持ち悪くなったな

外装の変形や内部の故障を引き起こします。バッテリーに関しては最悪爆発事故をひきおこす可能性もあります。

海外製の格安スマホなどでは、最悪爆発してしまうなんてことも。。

スマホの温度上がりすぎて電源切れた\(^o^)/驚いたっす

今すぐ出来る発熱対策!

スマホを操作するとバッテリーに負担がかかり、発熱しやすくなります。また、これは、バッテリーを劣化させることになりますので、やめた方が良いでしょう。

元々、スマートフォンはケースを付けずに使用する事が前提で設計されているらしい。。

スマホ本体が発熱したときに効率よく放熱し、本体を冷却することも考えられています。それをスマホケースを付けることで、本体の放熱を邪魔している

どうしても付けたい場合はアルミがおすすめ!

スマホが熱くなったと思ったら

風通しを良くして冷やすのが一番いいらしい!

発熱したら一旦、スマホを冷ますのが基本。ケースやカバーを、はずし自然冷却をしましょう。

また、電源を落としてバッテリーを外して冷やすのもいいらしい

冷蔵庫や保冷剤などで冷やすのはやめた方がいいかも。。

スマホを冷蔵庫に入れてはいけない理由はさまざまですが、特に問題なのは結露

中と外の温度差で中に結露が!?Σ(゚Д゚)

アプリを使用していて、それをやめるときに、ついついホームボタンを押して戻っていませんか?

いくつもアプリが待機していると、CPU(スマホの脳みそ的なパーツ)に負担がかかります。

CPUに負担がかかると、発熱しやすくなる

こんな便利な冷却アイテムも

送風口に装着するスマホ固定機は本体の熱を拡散する働きがありgood!

車から降りるときはスマホは必ず持ち歩きましょう!

「まず貼る一番 ハイブリッド」
本来はスマホを対象としたアイテムではありませんが、スマホの冷却にも十分な効果があると評判。

放熱の新発想“放射”タイプで、ICなどの発熱体に直接貼り付けることで、熱を外部に放射する仕組み。

携帯の大きさに合わせて切って貼るだけで熱を逃がしてくれる!

1 2





nomorenomoreさん



  • 話題の動画をまとめよう