1. まとめトップ

舛添都知事 過去の発言語録ががことごとくブーメランに

血税も含まれる政治資金を家族との旅行や食事にガンガン使っていた舛添氏を擁護する人はもはやいない。都知事選で選挙協力した与党からも批判が飛び出し、安倍晋三首相(61)は23日、参院決算委員会で「公私混同という厳しい指摘がなされている。説明責任を果たすべき」と突き放した。

更新日: 2016年06月13日

0 お気に入り 1881 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TKETKETKETKEさん

投票直前スキャンダル 元側近議員が告発

舛添氏には物凄い沢山のスキャンダルや不正資金疑惑があります。
2月7日に日刊ゲンダイは舛添氏が税金で借金を返済していたことを記事に掲載し、週刊文春も資金の使途と会計の公表を拒否していたことを大々的に書いてくれました。

また、週刊新潮が書いた記事には、「後援会代表が元暴力団幹部!」というような驚くべき言葉も書いてあり、舛添氏は正に「スキャンダルのデパート」とも言えるような方となっています。

自民党の連中はこのようなスキャンダルがあるからこそ、簡単に弱みを握れる舛添氏を擁立したとも言われていますが、いずれは自民党にもダメージが来ることになるでしょう

過去に彼がした政策でも子宮頸がんワクチン推進みたいに問題ばかりで、こちらも突っ込みどころが満載。

原発に関しても、彼は「もんじゅは必要だ」とか言っていたのに、記者会見では「私も前から脱原発を目指していました」と言うような感じで話していました。

実際には不正まみれの汚れたおじさんです。

カネ、DV、女性蔑視

1989年の「マドンナ・ブーム」という女性議員の大量当選について「歴史的な例外の時代であって、だから、女ごときが出てこれる」「だけど、あのオバタリアンは全部“あがった”人ばかりなんでしょう」と述べた

片山さつき、赤裸々な告白

「仕事で遅くなると「遅く帰ってきやがって!」 逆上して怒鳴る。
物を投げつける。炊飯器の上蓋が割れていたことも。
ナイフをずらっとならべ、刃先を私につきつけた」

3度の結婚、2人の愛人、5人の子供で知られるが、実は隠された結婚歴がもう1回あった。

フランス人と結婚する前にもフランスで日本人女性と結婚式を挙げていたのだ。片山さんは知らなかった。

福祉・介護

調べれば調べるほど良いところが無くなっていく可哀想な舛添さんは、とうとう母親の介護までウソだったことが判明。

『母を思い国を想う』という本まで出したのに…

今まで実際にどういう言動をしてきたのか!

日本の現状は、明らかに『低負担高福祉』 「15%の消費税が必要」

「私は個人的には、日本もヨーロッパ並みの社会保障を実現させたいなら、15%の消費税が必要だと思う。」「最も重要なことは、お金は天から降ってはきません、ということ。それに尽きる。社会保障サービスを充実させたいなら税金や社会保険料などの負担を増やす。負担が嫌ならサービスは制限される。厳しいけれどそれをきちんと国民に説明して納得してもらう、政治のリーダーシップが必要だ。」(社会保障 舛添要一 元厚生労働相)

日本は法人税・人件費が高く消費税は低い「法人税は減税し消費税を上げる」

やはり法人税が高くて、とてもじゃないけれども海外に行かざるを得ないなと。もちろん人件費もそうです  一つの考え方は、要するにその消費税、今から5を7に上げる、10に上げるとか、そういうプロセスはあると思いますが、上がった分は社会保障の目的税として使う。そうすると、これは自分たちが出しても、医療とか介護は自分に戻ってくるわけですから、そういう形で国民に御理解をいただくということをしっかりやれば、私は賢明なる国民はよく御理解していただけると。

遊説録:先に法人税下げる 新党改革・舛添要一代表

われわれはまず思い切って法人税率を海外並みの20%台に下げ、みなさん方の懐具合をよくする。会社がどんどんもうかれば給与は上がる。そこから先だ、消費税の話は。(6月26日、横浜市のJR新横浜駅前で

(派遣やパートの均等待遇は)「まじめにがんばる人の意欲をそぐ」「税金のむだ使い」「企業は海外に逃げるか、つぶれるしかない」
 (生活保護の母子加算の復活)「そこまで増やしたら人間が腐る」

「法人税が高すぎる。」会社がつぶれたら従業員もその家族も路頭に迷うんです。
減税すれば、海外に逃げた企業が戻ってきて、企業の数は増えるし、個々の企業の業績だって上がりますから、税収はおつりが来ます。」

 派遣やパートは、基本的には登録しておいて、好きなときに会社に来ればいい。
正規労働者は雨が降ろうが雪が降ろうが働かざるを得ないんです。だから給料が高い。
そこを平等にせよとやると、まじめにがんばる人の意欲をそぐし、悪しき政府の介入になって結果平等にするために政府がお金を出さざるを得なくなる。 税金が増え、むだ遣いにもなります。

派遣に対する考え方もおかしい。そもそも、金融機関が企業に金を貸さないから、企業は経費削減するしかない。
経費の最たるものは人件費。それで正社員を減らして派遣を増やす。

「私の母のように生活保護を受けず、歯を食いしばって働く人の収入は27万円なんてとてもいかない。
なのに母子加算を復活したら30万円になります。
そこまで増やしたら人間が腐るんです。お金を遊興費に使う親もいる。いま、ものすごい速さで生活保護世帯が増えていますよ。」

過労死促進法案を推進  ブラック企業を応援

1 2 3