1. まとめトップ
  2. カラダ

雨の日が続くと体の中にも水が溜まる?!じつは怖い梅雨の便秘

雨の日が続くと便秘になりやすい。しかも放っておくのは危険かも。

更新日: 2016年07月02日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 30934 view
お気に入り追加

■梅雨は便秘がち…それって気のせいじゃないかも?

便秘が解消されたので(一時的かもしれないけど)、身心ともに健康である。梅雨はあなどれんな。

今月に入って急に下痢と便秘を繰り返したり手足が痺れたりするのは、梅雨のせいで自律神経が乱れてるからか??

梅雨だからしょうがない。雨は仕方ない。なんか、気分がシャキッとしないなぁ。便秘してるし。 今日は仕事3日目。今日を乗り越え明日頑張れば三日坊主突破。 じぶん、ふぁいてぃんo(^▽^)o w

■腐敗しやすい?普段の便秘よりも怖い梅雨時の便秘

梅雨の時期は、ものがカビたり、腐敗しやすい時期。体の中も余分な水分や老廃物を溜め込みやすく、体液は汚れやすい。

便秘をすると腸の中で腐敗菌が増え、悪玉菌が増えて、有害物質が血液に混じり体内をを循環する。

■梅雨の便秘の原因は体に水が溜まりやすくなっているから

ただ雨が多いだけでなく、蒸し蒸しとした暑さも加わり身体に水が溜まりやすく、代謝も下がり、むくみや冷えに繋がる。

湿気のせいで汗が出にくくなって体内に水が溜まっていく。

■季節を先取りしたファッションも原因かも

薄着になると体の冷えによって基礎体温が下がり、血流が乱れると便秘になりがち。

ファッションを優先していると、その時々の天気や気温、湿度に合わせにくく、身体が冷えてしまう。

■天候不良による運動不足も原因の一つ

消化器官をコントロールする自律神経を整えるため、便秘解消には運動が必要だが、梅雨時は運動不足になりがち。

雨で運動が出来ない時はストレッチがお勧め。ストレッチは腸を物理的に刺激するしたり、自律神経のバランスを安定させてくれる効果がある。

■体の「水はけ」をよくすることを心がける

植物が、水はけが悪く土壌が悪いと育たないのと同じように、人間の体も腸内環境が大切となってくる。

体の中の溜まった水は、下へと流れて体をどんどん重くし、消化器系に影響を与えてしまう。

水毒を改善する効果があると言われている豆類や、それらを使った豆腐、豆乳、春雨などの加工品は、体内の水はけを良くすると言われる。

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう