1. まとめトップ

【HUNTERxHUTER】クロロ対ヒソカ決着!死亡。ヒソカ「あと10人…♪」ハンターハンター

【連載再開】HUNTERxHUNTER(ハンターハンター)ヒソカが語っていた「あと10人…♪」とは?幻影旅団の人数から1人多くなってしまうため、ヒソカの標的となった10人目の人物を探ります。(ネタバレ・考察)

更新日: 2017年05月26日

三月yayさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 709774 view
お気に入り追加

▼ヒソカVS クロロついに決着!

今週の週刊少年ジャンプ掲載の357話・残念②でヒソカ対クロロ戦の決着がつき、冒頭からヒソカが死体となって登場しました。

しかし、死後の念により復活!旅団狩りスタート!!

当初、負けた腹いせに旅団狩り?!と少し引きましたが
どうやらHxHファンの間ではクロロ側が旅団メンバーを使って共闘していた疑いが浮上…。

クロロが「100%勝つ」ためには共闘するしかなかったのか

クロロに能力を貸していたとされるコルトピ、シャルナークは死亡。 あと10人……♪

「あと10人」とは、一体誰なのか? もちろん旅団メンバーを指す言葉のはず…

クロロ・ルシルフル(幻影旅団団長)

幻影旅団。通称「蜘蛛」と呼ばれる史上最恐の盗賊団。団長を頭、12人のメンバーは足と見立て13人で構成されている。

カルト・ゾルディック(ヒソカの代わりに入団)

クロロ
マチ
ノブナガ
フェイタン
フランクリン
フィンクス
ボノレノフ
シズク
ヒソカ→カルト

死)
パクノダ ×
ウヴォーギン ×
シャルナーク ×
コルトピ ×

生きている旅団員はカルトを入れても9人。あと1人は誰なのか

説1:新しいキャラクター

亡くなった旅団員を補充するために新しいメンバーが加わった。
旅団の掟では、入団希望者が在団員を倒せば交代でき、それ以外の欠番ができると団長がメンバーを補充するルールがあります。
ウヴォーギン、パクノダの代わりに誰かが加わっているとすれば最高2人は補充されるため、ヒソカの欠番で加わったカルトは狩られない可能性も出てきます。
もしかしたら、すでに登場しているサブキャラが旅団入りしているのかも。

説2:アベンガネ

除念士アベンガネ
グリードアイランド編に登場
クロロが受けたクラピカの念を除念するためヒソカが見つけた除念士

クロロ除念後、レアな能力ということで団長から旅団入りのオファーがあった。
いきなり、新メンバーが現れてヒソカに倒されてしまうよりは濃厚な展開。
しかし、体術があまりなさそうなので即退場もありえます…

説3:流星街長老

クロロの共闘説が真実なら、流星街長老の死も嘘。長老が生きている可能性。
「番いの破壊者(サンアンドムーン) 」は死後強まる念としてヒソカに説明していました。
クロロがあれ程までに自分の能力説明をしていたのは、栞の誓約と制約の関係で説明しなければいけないものと解釈していた人は多い。
それが実は、ヒソカに「流星街長老の死後の念で「番いの破壊者(サンアンドムーン)」はいつでも使える能力」と信じ込ませるために、他の能力も含め説明をしていたのでは?
と、なると「栞のテーマ(ダブルフェィス)」は初めからなかったかも知れません。

説4:人間の証明(オーダースタンプ)/転校生(コンバートハンズ)の持ち主

スキルハンターに新たに収集された2つの能力
2つとも持ち主不明。
スキルハンターでは持ち主が死んでしまうと能力が消滅するルールがあることから
どこかに監禁されている
ネオンのように能力を盗まれたことに気付かず生きている
もしくは旅団の新メンバーの可能性も

オーダースタンプの持ち主:人形を操る能力を自分の念能力にするほど人形に執着した人物。
コンバートハンズの持ち主:人物像の描写なし

説5:イルミ・ゾルディック

354話/頭部
クロロ対ヒソカ戦

イルミがクロロに雇われていた

354話でクロロの人形(転校生後の観客)から発見された針。
シャルナークの針はコウモリのようなデザインだがヒソカが持っている針は先端が丸い。
当初「冨樫先生が描くのめんどくさくなったかな?」と簡単に解釈していましたが、あと10人ということは何かこれも関係があるのでは

冨樫先生の気まぐれで丸い針になったわけではないなら
「イルミの針」?

1 2





三月yayさん

日々のライフスタイルがなんとなく楽しくなってもらえたらと思っています。
富樫先生の体調が少しでも良くなりますように!

このまとめに参加する