1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

重版出来!だけじゃない…漫画家の苦悩を舞台にしたマンガ

重版出来!の最終回が終了した今だからこそ読みたい漫画家の苦悩を舞台にしたマンガをまとめました。

更新日: 2016年06月15日

47 お気に入り 55062 view
お気に入り追加

・重版出来!が最終回を迎えた

木華が連続ドラマ初主演を果たし、マンガ雑誌編集部を舞台に新米編集者の奮闘する姿を描く「重版出来!」

黒木演じる週刊コミック誌「バイブス」の新人編集者・黒沢心(くろさわ・こころ)が、ライバル雑誌に勝つため奮闘する姿が描かれる“お仕事ヒューマン群像劇”。

14日放送でいよいよ最終回を迎える「重版出来!」。原作コミックはまだ連載継続中なので、ドラマオリジナルの最終話となる。

▼最大のみどころは三蔵山先生のスピーチだった

とにかく真田丸の秀吉が熱い言葉を語ったんですよ。あまり書くとネタバレになりますが…。

三蔵山先生のスピーチ… もう、小日向文世さんの凄さ… 死ぬだ生きるだ、好きだ嫌いだ… そんな簡易なものではない涙が止まらないドラマだったわ…。 あー、ポッカリ穴選手権一位だわ… #重版出来

重版出来最終回は三蔵山先生の回だった。しびれた。 とにかく面白かった。しばらく余韻に浸ろう。

三蔵山先生と真田丸でのこっひー秀吉を見てたら役者っていうのは面白い職業だなとしみじみ思った。ちょっと羨ましい #重版出来

小日向さんは三蔵山先生になると 背中を丸めて 初老っぽくしながら 演技してるのが凄いと思います。そして笑顔とひたすら優しい声に癒される。秀吉の時も 胸を張りながらの姿勢とか 歩き方とか ベテランって凄いね。 #重版出来

▼最終回後、続編を期待する声が多数届けられている

重版出来最終回最高だった!!!!続編やってほしい!!

今クール一番面白かった。原作のエピソードがもっと増えたら続編やって欲しいな〜。もちろんキャストはそのままで。 #重版出来

重版出来♪(┌・。・)┌ ♪ 重版出来♪┐(・。・┐) ♪ 続編希望♪(┌・。・)┌ ♪ 熱烈歓迎♪┐(・。・┐) ♪

▼漫画家の苦悩を描いた漫画は重版出来以外にもあった

「連載終了!」は「ゴッドサイダー」「メタルK」などを連載し、週刊少年ジャンプ(集英社)で異彩を放っていた巻来の作家人生を振り返る実録マンガ。

同じ大学に通う北条司にライバル心を燃やしたデビュー前のエピソードから始まり、原哲夫のアシスタントを務め、荒木飛呂彦と比べられ、担当編集者は連載中にどんどん変わっていく。

自らの漫画家人生を明るく、時には悲しいタッチで回顧。ジャンプ黄金期の裏側を垣間見ることができる貴重な自伝だ。

巻末には?

「漫画家と編集者の、理想的な関係とは」という題で、マンガ家に必要な才能や面白い作品の条件について語り合っている。

スピリッツ系は、過去に「編集王」(原作・土田世紀)という、漫画編集部の内部を描いた傑作

編集者視点の展開はめずらしく、これを読んで編集者を目指す人も続出! 後にお笑いタレントの原田泰造でドラマ化もされた。

とにかく登場人物がみんな濃い! アツい! 主人公側のみならず、嫌な連中ですらアツいものを見せてくれる。燃えて、笑えて、泣ける、至高の人間ドラマ。

「バクマン。」は、主人公のサイコーこと真城最高(佐藤さん)が、シュージンこと高木秋人(神木さん)に誘われてコンビを組み、週刊少年ジャンプで連載する夢をかなえて二人三脚で奮闘するストーリー。

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう