1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

4_sea_さん

流木をヴァイオリンとして生まれ変わらせることで、
宿されている東北の故郷の記憶や想い出を、
音色として語り継いでいくことができるのではないか。

2014年6月現在、
ヴァイオリン4挺、ヴィオラ挺2、チェロ1挺が製作され、
世界中で、その記憶を語り響かせつづけています。

偶然でしょうか?それとも・・・ blogs.yahoo.co.jp/idexv70/689403… 「震災ガレキで製作された津波バイオリンの奏者が下顎歯肉癌で亡くなられた。バイオリンは常時下顎に接するから、もし放射性物質が木材部に有ればβ・α線を常に照射し続ける。想像するだけでも実に恐ろしい話」

流木バイオリンの感動のエピソードが中学校英語教科書に掲載された模様

「私たちの未来の世代にも、これらのバイオリンを弾いてもらいたいです。」

津波バイオリン奏者(53)が下顎歯肉癌で死去 matome.naver.jp/odai/214659455… 岩手の瓦礫を使ったバイオリンだという。私が恐ろしく思うことは、大阪で岩手の瓦礫を1日100トン×7ヶ月間も燃やしていたこと。バイオリンは選べるが空気は選べなかった。これから何が起こるのか

『岩手県の尿検査、子ども9割からセシウム検出』 amba.to/QTtvvT 最も値が高かったのは、尿1リットルあたり6ベクレル こまめにトイレに行かないと自分の尿で膀胱がやられる時代

1