1. まとめトップ

今回は、一人暮らしの方でもオススメできるコスパのよい食材を紹介したいと思います。
まずは、定番どころから

たんぱく質に優れた万能食材たまご

たまごはコストパフォーマンスに大変優れた食材です。

卵は、ビタミンCと食物繊維以外の身体が必要とする栄養素をほぼすべて含んでいる。特に、他の食品から摂りにくいビタミンDや、鉄・亜鉛などのミネラル、体内では合成できない9種類の必須アミノ酸が豊富でバランスもよい。

一説によると、日本人は1日平均20gほどのタンパク質が足りていないという。一方、卵1個から摂れるタンパク質は約7g。1日3個食べれば、その不足分を無理なく補うことができる

たまごは、ヒヨコが成長するために必要な栄養成分を全て持ち合わせている、文字どおりの「完全栄養食品」なのです。ヒヨコの脳、神経や全身の細胞を造るのに必要な脂質類とタンパク質が十分に含まれています。ヒヨコの骨格づくりに必要なカルシウムとリンも豊富です。

安さには定評あり!もやし野郎とは言わせない!もやし

スーパーなどで安ければ10円前後で手に入ることも!

もやしは他の野菜と比較して価格が手頃で、クセのない味とシャキシャキとした歯ごたえがあることから、気軽に取り入れられる野菜として色々な料理に活用されています。

もやしはあまり長く持ちませんので、生で食べるとお腹を壊す場合があります。

熱の加えすぎにも注意が必要ですが、必ず少し熱を加えてから食べるようにしてください。

もやしに含まれるGABAという成分は高血圧を予防する働きだけでなく、精神の安定に働きかけ、ストレスを緩和させる作用があると言われています。

意外と安くないか?カイワレ大根

あまり安いイメージはないですが、もやしと同じ方法で栽培されることもありお買い得
もやしと違い、加熱も必要ないため光熱費や手間を節約できます。

発芽野菜は栄養満点で、特にミネラル&ビタミン類を豊富に含んでいて、ガンに効くということも言われている。

抗酸化ビタミンであるビタミンC、ビタミンEを豊富に含みますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。

最近注目されてきているのは、かいわれ大根の熟睡効果です。良好な睡眠にはメラトニンというホルモンが大きな働きをしますが、かいわれ大根には多く含ま れています。

便利食材!日本の文化!豆腐

栄養面で言えば、水分を多く含む絹ごし豆腐より木綿豆腐のほうが、やや優勢か

昔から豆腐は、これを精進料理として食していた僧侶や、多く摂っていた地方に長寿者が多いことから、長寿食といわれてきました。近年に至り栄養学等の確立によって、極めて高い良質タンパク食品であることが科学的に立証され、栄養面ですぐれた食品といわれています。

木綿豆腐は豆乳を固めた後に水分をしぼるために栄養分が凝縮され、たんぱく質、カルシウム、鉄分が、絹豆腐に比べると1.3倍程度多く含まれています。一方水分をしぼることによって、水に溶けやすいビタミンB群やカリウムは、水分と一緒に流れ出してしまいます。このため、ビタミンB群やカリウムは豆乳をそのままかためる絹豆腐の方が多く含まれます。

1 2





syou1210さん

このまとめに参加する