1. まとめトップ

歯についてしまったタバコのヤニを自分で綺麗に落とす方法

歯についてしまったタバコのヤニは、愛煙家の人にとっては、なかなか人には相談できない悩みですよね。歯医者で除去してもらうのが一番ですが、自分でヤニを除去するクリーニング、歯を白くするホワイトニング、自宅で行える方法はないのでしょうか?

更新日: 2017年02月08日

18 お気に入り 36816 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ktoshioさん

歯のヤニを落としたい!

みなさんが通常「ヤニ」と呼んでいるものは、タールという物質からできています。
タールというのは脂っぽい液体で、まるでガソリンのような真っ黒なものです。
そういうものがタバコには含まれていて、喫煙をする事で歯に真っ黒なタールが薄まった、濃い黄色のような色が歯につきます。症状がひどいかたでは、蓄積しすぎてタールの黒さそのままの、真っ黒な歯をしているかたもいらっしゃいます。

歯磨きでヤニは取れる?

歯磨きでヤニ汚れを自分で落とすために、準備するものが2つあります。

それは、

固めの歯ブラシ
クリアクリーンホワイトニングという歯磨き粉
の2つです。

ヤニを取る、ステイン除去目的に作られている歯磨き粉

ステイン除去の専用グッズ

歯ブラシでは落ちない汚れが簡単に落ちます。歯石もほぐれるみたいに落ちます。音がうるさいという方もおられますが、歯科の超音波スケーラーはもっとうるさいです。歯科治療のあと(セメントや金属冠など)に触れると刺激がありますので、それらに触れないようにしないといけませんが、使い方は簡単です。買って正解でした。お勧めです。

毎分200万回の超音波振動とイオンの力で、歯にこびりついた汚れを浮かし、ステインを除去する事ができます。歯を削らないので、女性やお子様でも安心して使用する事ができます。値段に関しては、約10.000円程度になります。

最初は振動にびっくりして使い方があっているのか困惑しましたが、定期的にホワイトニングして頂く歯医者さんに使い方を質問し、磨き方もマスターしたところ、つるつるぴかぴか!とても歯がきれいになり、お口のトラブルがどんどん減りました。夫婦共々大満足で使っています。今や、これ以外考えられないです。今年のクリスマスには両親にプレゼントする予定です。

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンという電動歯ブラシは、ステインを除去するホワイトモードという機能があります。ホワイトモードは、珈琲やタバコのステインを落とし、本来の白さに近づくことができます。また、音波水流と毎分約31.000回もの超高速振動の組み合わせで、歯の隙間の汚れを除去する事が出来ます。値段は、約20.000円程度で購入する事が出来ます。

1