1. まとめトップ

【2018年版】TREK(トレック)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:アメリカ

更新日: 2017年07月19日

hukukenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 348753 view
お気に入り追加

▼TREK(トレック)を使用している自転車チーム

▼漫画、アニメでTREK(トレック)に乗っているキャラクター

▼2018年モデル

▼Madone 9 Fumiyuki Beppu limited edition

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥490,000
シートチューブには「別府史之」の名が漢字で描かれている。漢字としての固定観念にとらわれないデザイン性と、日本語としての可読性が考慮され、ひと目で別府選手をモチーフにしたバイクであることがわかる。

▼Madone 9.9(マドン 9.9)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエースDi2完成車 ¥1,095,120
重量:7.08kg タイヤ:700×25c

▼Madone 9.5(マドン 9.5)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ Di2完成車 ¥750,600
重量:N/A タイヤ:700×25c

▼Madone 9.0(マドン 9.0)

マドン 9.0では通常のハンドルバーが装着できることにより、これまで不可だったDHバー(エアロバー)の装着が可能になる点も大きなポイント。起伏に富んだコースにも十分対応するため、TTバイクよりも利用範囲が広い、究極のトライアスロンバイクとして活用することができる。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥550,800
重量:N/A タイヤ:700×25c
BB:BB90(圧入)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥550,800
重量:N/A タイヤ:700×25c
BB:BB90(圧入)

▼Emonda SLR(エモンダ SLR)

チームのエースであるアルベルト・コンタドール(スペイン)は、ツール前哨戦のクリテリウム・デュ・ドーフィネから「エモンダSLR 9」を投入。コンポーネントにはシマノ・デュラエース「R9150」シリーズを採用し、このツールにも臨んでいる。また、ツールでは山岳アシストを務めるオールラウンダーのバウケ・モレマ(オランダ)も今大会から「エモンダSLR 9」に跨っている。

▼Emonda SLR 9(エモンダ SLR 9)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエースDi2完成車 ¥1,199,880
重量:6.08kg タイヤ:700×25c

▼Emonda SLR 8 Disc(エモンダ SLR 8 ディスク)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエース完成車 ¥964,440
重量:6.41kg タイヤ:700×25c
ブレーキ:シマノ BR9170(油圧)

▼Emonda SLR 8(エモンダ SLR 8)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速デュラエース完成車 ¥860,760
重量:6.35kg タイヤ:700×25c

▼Emonda SLR 6(エモンダ SLR 6)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥590,760
重量:N/A タイヤ:700×25c

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ完成車 ¥590,760
重量:N/A タイヤ:700×25c

▼Emonda SL 7(エモンダ SL 7)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速アルテグラ Di2完成車 ¥520,560
重量:N/A タイヤ:700×25c

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





このまとめに参加する