1. まとめトップ

【厳選穴場】ホタル鑑賞におすすめのスポット・関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)

関東でホタルを見るのは中々大変です。有名なスポットに行くと人が多すぎて疲れますし、その割に蛍の数が非常に少なかったりします。そんな中でもオススメできるスポットを厳選して紹介しています。

更新日: 2016年06月16日

9 お気に入り 20663 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BeatsToTheさん

▼東京都でおすすめのホタル鑑賞スポット▼

◎ホテル椿山荘東京(東京都文京区 関口2丁目10−8)

都心のホテルとしては最大級の日本庭園を擁している東京・目白のホテル椿山荘東京なら、行き帰りの旅疲れがなく、ゆっくり体を休めながら蛍を楽しめます。もちろん1泊する時間もないという人でも大丈夫。庭園にはだれでも無料で自由に入れます。

庭園に架かる弁慶橋の下、「ほたる沢」が一番の蛍ビューポイント。しとしと降る雨の中でも、室内ビオトープからなら露に濡れることなくホタルを観賞することができます。

TVドラマなどでよく「お見合い」の場のロケ地として登場するので、その庭園を見かけた人もあるかも知れません。
椿山荘で見られるのはゲンジボタル。広い庭園の中でも、ほたる鑑賞におすすめなのは、艶やかな朱色の弁慶橋周辺です。

◎よみうりランド(東京都稲城市矢野口4015-1)

よみうりランド恒例の『ほたるの宵』と題してほたる鑑賞会が行われます。
よみうりランドでは聖地公園の環境づくりを行い、ほたるの飼育を行っていらっしゃるそうです。

京王よみうりランド駅から徒歩10~15分の場所にある、よみうりランドに隣接する聖地公園です。
駅からはずっと上り坂なので、たいした距離ではありませんがバスを使った方が楽でしょう。

昨年は会期中1万人以上が来場した同イベント。今年も会場内にさまざまな企画を用意する。稲城市と友好都市である長野県野沢温泉村に関する企画や、会場内の灯籠を使った「謎解灯ろうきゲーム」のほか、夏祭り展と題し、来場客が短冊に願いを書き、笹に取り付ける七夕イベントや「ミニねぶた」の展示などを行う。

清瀬金山緑地公園(東京都清瀬市中里4-650)

市内最大の都市公園です。四季を通して多くの市民の憩いと潤いの場として親しまれています。武蔵野の自然の再現を図り、園内全体には多くの樹木や野草が植えられ滝から落ちる水が小川となり、ホタルの養殖もされています。

初夏には、花ショウブが彩る。また、貴重なホタルの飼育を行っているので6月初めから中旬にかけて幻想的なホタルの飛ぶ姿をみる事が出来る。

飼育したホタルを放つというので見に行ってきました。ホタルを見たのは35年振りくらいです。結構感激しました。 
この公園では井戸水をくみ上げ小川を作り、ホタルの自然繁殖に力を入れているという話は聞いていました

▼神奈川県でおすすめのホタル鑑賞スポット▼

◎三渓園(神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1)

出典30min.jp

四季折々の花が咲く三渓園は、横浜港の近くで美しい自然に触れ合える。ホタルは6月上旬ごろに見ることができ、「蛍の夕べ」というイベントも開催される。夜の水辺を飛び回るホタルの光は幻想的でロマンティック。

例年、ホタルの時期はちょうど花菖蒲がきれいに咲いている時期でもあるのでライトアップされた花菖蒲が昼間とはまた異なる雰囲気で楽しめます。

いずれもライトアップされた花菖蒲、観心橋、重要文化財の三重塔が一度に見渡せます。これもこの時期だけの特典ですのでお見逃しなく。

三溪園は、明治・大正時代に生糸貿易で財を成した実業家、原富太郎(雅号三溪)によって造られた日本庭園。ライトアップされた三重塔とハナショウブが迎える庭園の奥で、幻想的なほたるの光を楽しむことができる。

ライトアップされた三重塔とハナショウブが迎える庭園の奥には、園内で羽化したホタルがほのかに光り、幻想的な風景が広がります。
※安全上、観覧区域を限定します。
※午後8時30分まで入園できます。(閉園午後9時)

◎湯河原 万葉公園(神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566)

冬ほたると銘打たれたのは、ここ万葉公園では毎年6月にホタルの観賞会・ホタルの宴が開催されているためで、足湯温泉 独歩の湯のそばの池が源氏ボタルの発光色、グリーンで彩られるほか、通常夜間は開園されない独歩の湯もキレイにライトアップされる。もちろん入湯もOK。照明もクリスマスイルミネーションのほかは最小限のものしかないので、思いのほか幻想的な雰囲気を楽しむことができる。

ここで見られるホタルは公園内の小屋で飼育された幼虫が、春に放流されて自然に育ったゲンジボタルです。万葉公園だけではなく、湯河原町内の各河川も良質な水を好む天然のホタルが発生します

19時半頃から観賞し始めましたが、すでに会場は多くの人で混雑していました
横浜市の三渓園の「蛍の夕べ」というイベントも行ったことがありますが、湯河原の万葉公園は通路も広く観賞しやすかったように思います

◎寺家ふるさと村(神奈川県横浜市青葉区寺家町414番地)

寺家ふるさと村では、捕まえることができるほどたくさんの蛍が飛翔しており、6月の上旬ごろから見ることができるため、シーズン中は大勢の観光客が一足先に蛍の姿を見ようとやってきます。

ビルやマンションが立ち並ぶ都心から2時間もかからないところにある寺家ふるさと村。
お店などもあまりなく本当にのどかで自然な田園風景を堪能できる場所です。
ボクのなつやすみのような風景が現代の横浜でも楽しめるとは驚きですね!

その後は時間を追う毎にホタルが光り、舞い始め、至る所にホタルが居る状態に!
わんちゃんの背中の毛の中でホタルが光っていたり、あちらコチラで色んな歓声があがります。

▼千葉県でおすすめのホタル鑑賞スポット▼

◎大原源氏ぼたるの里(いすみ市山田3504-1(旧)ライスセンター)、山田4401-4(山田五区民センター))

1 2