1. まとめトップ

【地震】熊本の次は北海道! 預言者・松原照子の予言がまた的中!?

【地震】熊本の次は北海道! 預言者・松原照子の予言がまた的中!?

更新日: 2018年04月16日

5 お気に入り 54960 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ashi0914さん

北海道・函館で震度6弱を観測!

16日午後2時21分ごろ、北海道函館市で震度6弱の地震があった。気象庁によると震源地は内浦湾で、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.3と推定される。この地震による津波の心配はないという。

この地震を2か月前に予言していた方が松原照子さんだ

3.11などを的中させ、
日本有数の予言者となった松原照子氏。

預言者・松原照子は4月にこう語っていた

もしかすると、私達は九州と北海道はかなり離れていると思っていますが、地球からすると近いと思っている気がしているのです。


この度の熊本県大地震の後、北海道が揺れるかもしれないと思ってしまいました。

「すぐ」とはどのくらいを指すのかがわかりませんが、これからの2~3年、北海道は揺れやすく、どこかの火山が活発になるかもしれません。


名前が付く規模の大地震はご免蒙りたいのですが、どうもそうはいかない気がしています。

さらに松原氏はこう綴った

東日本大地震での教訓。
阪神淡路大地震での教訓。
これらの教訓をどう活かすかしか、私達は大自然の脅威には立ち向かえません。


松代群って、何故書いたのかなぁ~。
今日も繋がりのない文章になってしまいました。


「えびの」「日向灘」
ウ~ン、この度の熊本の地震に影響されないのを願ってしまいました。


地図を見ていると、
日本ってやっぱり揺れやすいです。
今日はいつもより自然界に感謝の気持ちを時間をかけて話しかけます。

松代群発地震(まつしろぐんぱつじしん)は、長野県埴科郡松代町(現長野市)付近で1965年(昭和40年)8月3日から約5年半もの間続いた、世界的にも稀な長期間にわたる群発地震である。松代地震とも呼ばれている。

えびの地震(えびのじしん)は、1968年(昭和43年)2月21日10時44分50秒、宮崎県と鹿児島県境の韓国岳の北西15km付近(えびの高原 北緯32度1分、東経130度43分)を震源として発生したM6.1の地震。えびの町(現:えびの市)の真幸地区では、震度6を観測した。

日向灘地震(ひゅうがなだじしん)とは、南海トラフの西端に位置する日向灘で起こる海溝型の地震である。日向地震(ひゅうがじしん)とも呼称される。

ほかにも大物預言者が。。。

1948年、カリフォルニア州サンホセに生まれる。1958年、記録の殿堂(アカシックレコード)にアクセスできるようになる。成長が期待される中堅企業を中心に、経営コンサルタントに従事するかたわら、スピリチュアリティに関する研究。欧米を中心にさまざまな国々で、精力的に講演、講義、セミナーを行っている。

ゲリー・ボーネル氏が言った予言がこちらです。

2016年半ばに、本州北部から北海道にかけて、一連の地震が起きるでしょう。
さらに、1ヶ月後、別の2つの地震がほぼ同時に本州の北方沖で起きます。
この地震により、メタンガスが大気中に放出され、
海岸沿いは居住できなくなるでしょう。
札幌は非常に大きな被害を受けます。

また
「悲惨で甚大な被害が出るが、日本人はこの災害を乗り越えて、
2017年には、より新しい日本になり良くなる。と言っています。

1