1. まとめトップ

運輸支局(陸運局)に行き、端末で自動車納税証明書の再発行方法

車検の事前準備として、福岡運輸支局(陸運局)に出向き、置いてある端末を操作して、自動車税納税証明書の再発行をする方法をまとめてみました。

更新日: 2017年10月21日

0 お気に入り 3427 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■自動車税納税証明書とは?

毎年4月末日現在の持ち主に、1年分の自動車納付請求容姿が送られてきます。支払期日が㋄31日までになっています。

私の場合、車検が6月なので、納税しましたよ~という証明書がそれまでに送ってこないので、車検屋さんに依頼していました。

■実は自分でもできますが・・・

毎回車検の時に、「納税証明書をこちらで再発行しておきましょうか?」と訊かれるので、¥500とか¥800とか支払っていたのですが、

ある日、「納税証明書はご自分で行けばタダなのですが、有償でよろしいですか?」と訊かれました。

「福岡陸運局に行けば、再発行がタダでできます」との事でした。

■福岡運輸支局へ

福岡運輸支局を目指していくと、1番奥の建物に千早新館というものがあります。

この建物の前に駐車場があるので、そこに車を置き、中に入り2階へと進みます。

■千早新館にある端末操作方法

端末は人が並んでいる時もあれば、空いている時もあり、こんな風になっています。

①福岡ナンバーなので、福岡をタッチ。
②福岡33なので、数字の33をタッチ。
③らという、ひらがなのらをタッチ。
④3桁のナンバーなので、最初に0を押してナンバー。
⑤確認をタッチ。

自分の車のナンバープレートを入力する。

福岡33 ら 123であれば、福岡をタッチし、数字のテンキーで33と入力し、らをタッチし、0123とテンキーで入力し、最後に確認をタッチする。

先ほどの続きですが、端末モニター内の左上にナンバープレートが表示されますので、次は、右上の欄に車体番号を入力していきます。

車検証の書類の中に車体番号という欄があり、下3桁だけをテンキーで入力し、確認キーを押します。

端末のモニターの右下からこんな感じのものが出てきます。感熱紙です。

■再発行代行手数料

自動車税納税証明書を紛失した場合、車検を受ける時に必要書類なので、「自動車納税証明書がない場合には弊社で再発行手続きを行います」と車検の見積もり書とかに小さく書かれてあったりします。

意味がよくわからないまま、¥2,000とか支払っている人がいらっしゃいますが、自分で行けば、無料です。

1