1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

あの男性ボーカルたちの「もうひとつのバンド」がカッコいい!

メインで活動しているバンドはもちろんのこと、彼らの「もうひとつのバンド」もカッコよく見逃せないのでまとめてみました。

更新日: 2016年06月18日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
351 お気に入り 235846 view
お気に入り追加

「もうひとつのバンド」

メインのバンドだけじゃない…
カッコいい「もうひとつのバンド」

■川谷絵音(ゲスの極み乙女)

生年月日:1988年12月3日
出身:長崎県

ゲスの極み乙女。やindigo la Endのメンバーであり、ボーカルおよびギターとして活動。
東京農工大学工学卒業。

2012年5月に結成されたヒップホップ・プログレ・バンド。愛称は“ゲス乙女”“ゲスキワ”など。メンバーは川谷絵音(vo,g,syn)、休日課長(b)、ちゃんMARI(key)、ほな・いこか(ds)の4名。プログレやヒップホップを基調とした独自のポップ・サウンドが特色。

もうひとつのバンド「indigo la End」

indigo la End

2010年2月、川谷絵音を中心に結成された日本のロック・バンド。バンド名はスピッツのアルバム『インディゴ地平線』が由来。心象風景を具現化したような際限のない広々としたサウンドが特色。2014年4月の3rdミニ・アルバム『あの街レコード』でメジャー・デビューを果たす

indigo la End - 愛の逆流

indigo la End - 藍色好きさ

やっぱ川谷さんすごいな indigo la Endめっちゃいい

レッチリ「Give It Away」を彷彿とさせるメタリックな白黒世界の中で、渋さ知らズのダンサーのように蠢く人々が「本能的な愛」を引き立たせる。川谷絵音流の叛逆を見た気がする indigo la End - 愛の逆流 youtu.be/lSqWJfjULzk

■奥田民生(ユニコーン) 岸田繁(くるり)

1965年広島生まれ。1994年にシングル『愛のために』でソロ活動を本格的にスタート。
『イージュー★ライダー』『さすらい』などヒットを飛ばし、井上陽水とのコラボレーションや、
プロデューサーとしてもPUFFY、木村カエラを手掛けるなど、その才能をいかんなく発揮。
弾き語りスタイルの「ひとり股旅」、ひとりレコーディングライヴ「ひとりカンタビレ」など活動形態は様々。

1986年に広島で結成されたロック・バンド。メンバーはABEDON(阿部義晴)(key)、奥田民生(vo,g)、川西幸一(ds)、EBI(堀内一史)(b)、手島いさむ(g)の5名。87年にアルバム『BOOM』でデビュー。89年のシングル「大迷惑」でブレイクし、80年代後半のバンド・ブームを代表する存在に。

生年月日 :1976年4月27日
出身 :京都府京都市
出身大学 :立命館大学産業社会学部卒
身長:166センチ
血液型 :O型

1996年9月頃、立命館大学の音楽サークル“ロック・コミューン”に所属していた岸田繁(vo,g)、佐藤征史(b)らによって結成。98年10月にシングル「東京」でメジャー・デビューを果たす。激しさと切なさとが相まったエモーショナルな楽曲で高い評価を獲得。

もうひとつのバンド「サンフジンズ」

サンフジンズ

2013年5月に結成された3ピース・ロック・バンド。メンバーはカイ・ギョーイ(奥田民生)、ジューイ・ラモーン(岸田繁)、ケン・シューイ(伊藤大地)で、白衣をステージ衣装に、ツアーを“オペ”と呼ぶなど“ドクター”をモチーフにしている。2014年はイヴェントを中心に活動していたが、2015年4月に初となるワンマンツアーを開催。

サンフジンズ 「サーフジーンズ」MUSIC VIDEO

サンフジンズ 「さっさっサンフジンズ」MUSIC VIDEO

そいえば、昨日の帰り道、カップルがサンフジンズのこと、奥田民生色が強い感じやよねって言ってたけど、うち的には岸田繁と奥田民生のいいとこ取りって感じやと思う!曲によっては岸田繁色強いものもあるし。。

サンフジンズ楽しっかった!渋かった!くるりとユニコーン足して2で割って若干ユニコーンよりなバンドて感じ。右見たら奥田民生左見ても岸田繁。やばいやばい。早くやりたいです pic.twitter.com/KASwExhKbJ

■TOSHI-LOW(BRAHMAN)

1974年11月9日生まれ
茨城県出身
通称 : 鬼
復興支援団体「幡ヶ谷再生大学」学長

1995年結成の日本のロック・バンド。メンバーはTOSHI-LOW(vo)、KOHKI(g)、MAKOTO(b)、RONZI(ds)。ハードコアに民族音楽をミックスした独自の音楽性で頭角を現し、96年にインディより『グロウプ・アワー・ウェイ』を発表。サウンドの自由度もさることながら、ストイックで静と動を巧みに使い分けるライヴも特筆もの。

もうひとつのバンド「OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND」

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

2005年に結成された日本のアコースティック・バンド。TOSHI-LOW以下、MAKOTO、RONZI、KOHKIといったハードコア・パンク・バンド“BRAHMAN”のメンバーとパーカッショニストのKAKUEI、スコットランド系アメリカ人ヴァイオリニストのMARTINの6名からなる。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND「朝焼けの歌」

1 2 3





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう