1. まとめトップ

最近の研究では 悪玉菌や日和見菌でも良い働きするものあることがわかって来た。http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/121800040/060600027/?ref=rss&rt=nocnt

毒素を作るまさに悪玉もいれば、大腸炎を抑制する免疫細胞の分化を促す酪酸を産生する種もいることが分かってきたのです

乳酸菌だから善玉、これまで悪玉菌に分類されていたクロストリジウムだから悪玉とは一概には分けられなくなってきたのだ。こうしたことが分かったのは、分析テクノロジーの進歩により、遺伝子レベルや代謝物質レベルで腸内環境を詳しく調べられるようになったためだという。

そんなに簡単に外来の菌は腸にすみつけないということだ。

 だが、落胆することはない。「腸内細菌は私たちが食べたものをエサにして生きているので、健康にいい働きをする腸内細菌が好むものを食べ続ければ、腸内フローラを少しずつ改善することはできる」(福田さん)からだ。

●食事由来の乳酸菌やビフィズス菌は食べてすぐ腸に定着するわけではない。
●しかし、これらをコンスタントに腸に送り続けると、日々の腸内環境を整えることはできる。

 つまり、“食べ続ける”のがポイントだ。しかし、ヨーグルトひとつとっても種類がいろいろありすぎて、何を食べればいいのか迷う。食べ続けたはいいが的外れにならないか心配だ。

 これについて福田さんは、次のように話す。

現段階では、おなかにいいといわれているものを実際に食べてみて、自分でいいと実感できることを続けてみるしかありません」。

 ではどんなものがおなかいいといわれているのか。これに関する詳細は、同シリーズの第4回目で詳しく紹介するのでお楽しみに。

 話を元に戻すと、今なぜ腸内フローラなのか。腸内フローラのことが分かると、私たちにとってどんないいことがあるのだろうか。

【冷えは肥満の素 その4】 「乳酸菌を摂取する」 ヨーグルト、チーズ、 味噌、キムチ、漬物などに含まれる 乳酸菌で腸内の善玉菌を増やし、 内臓を活発に働かせ、 体の熱を作ってくれる 大切な役割があるので 乳酸菌を積極的に 摂取しましょう。

せかい不思議発見で取り上げられた、善玉菌 悪玉菌って?腸内細菌の真実は?⇒ 腸内フローラ改善.club

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう