1. まとめトップ

【画像大量】岡山県の心霊スポット&廃墟まとめ【永久保存版】

岡山県の心霊スポット&廃墟を一挙に紹介します!

更新日: 2016年11月06日

1 お気に入り 11491 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tensyokuさん

全国の心霊スポットまとめリンクが出来ました↓

岡山県の心霊スポット&廃墟

旧志戸坂トンネル

【総合評価】★★(★)
【所在地】岡山県英田郡坂根志戸坂峠

岡山県英田郡西粟倉村~鳥取県八頭郡智頭町にまたがる志戸坂峠を抜けるトンネル。
岡山県有数の心霊スポットと言われている。
峠道の途中には老婆が現れると噂される地蔵尊がひっそりと建っている。
また、トンネルの前には広場があり、そこのトイレで黒い影が襲ってきたそうだ。
トンネル内では女性や家族の霊が報告されている。

アンテナの家

【総合評価】★★(★)
【所在地】岡山県総社市新本

山中に突然、いくつものアンテナや看板などを取り付けたバラック小屋のような建物がある。
地元では「基地」と呼ばれているそうだ。造られた経緯や居住者の有無などは不明。
総社市内には何箇所か「アンテナの家」があるそうで、この物件は「県道282アンテナの家」とも呼称されている。

ホテル ラ・レインボー

【総合評価】×
【所在地】岡山県倉敷市下津井吹上

瀬戸大橋を臨む山の中腹にあった廃ホテル。
大橋開通後の観光客の増加を見込んで建設されたようだが、客足は思ったより伸びず、更にバブル崩壊もあってか1997年に廃業した。
館内にはスプレーによる落書きが多く、質的には神奈川県の有名な廃墟「ブロックアート」に並ぶポテンシャルを持つ。
残念ながら最近取り壊されたそうだ。

人形峠+人形トンネル+ウラン残土堆積場

【総合評価】★★(★★★)
【所在地】 岡山県苫田郡鏡野町上齋原

岡山・鳥取両県の県境を成す峠。古くは「打札(うちふだ)」と呼ばれていた。
県内では有名な心霊スポットで、顔が潰れた女性が現れた、子供の靴だけが歩いていた、赤ちゃんの泣き声が聞こえた、等の噂がある。
高原には日本原子力研究開発機構の敷地が広がっており、周辺ではかつて天然ウランの採掘や精錬が行われていた。
特に「人形峠鉱山」と命名されている地帯では0.052%の品位を有する370万トンのウランが確認されている(立ち入り禁止区域)。
鉱床にはウランの崩壊の過程で出てくる気体の放射性物質「ラドン」が存在し、これを吸った労働者のうち約1000人が健康被害を起こし、
そのうち65人が肺癌で死亡したという推計が京都大学原子炉実験所で発表されているが、国から公式に直接の原因と結び付けられているかは不明。

育霊神社

【総合評価】★★(★)
【所在地】岡山県新見市哲西町

猫山の山中、陸の孤島となった場所に佇む神社。
この神社は丑の刻参りで有名らしく、木の多くに釘を打ちつけた穴がぽっかりと空いている。
刻参りにやってくるのは中国地方から山陰地方の都会から離れた地域の人々が多く、地方の小さな社会で溜まった恨みつらみを呪詛にしていくそうだ。
呪いの神社という話も多いが、神主は呪いを解く神社としての役目もあると紹介しており、人間の心の弱さを考える場となっている。

白い廃校(城南中学校)

【総合評価】★★
【所在地】岡山県赤磐市周匝

赤磐市にあった学校。「白い廃校」「白亜の廃校」の呼び名で知られる。
元にあった学校は仁美中学校と統合し、赤磐市立吉井中学校となっているそうだ。
閉校した後に何かの工場として使われていたようだが、現在の校舎内は静まり返っている。

1