1. まとめトップ

①暗黒大陸【連載再開決定!】HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

ついに暗黒大陸へ出発‼︎相関図を交えV5、カキン王国、ビヨンド(ジン、パリストン)、十二支ん(クラピカ、レオリオ)などの同行をおさらいします(ネタバレ注意・考察)

更新日: 2017年08月13日

三月yayさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 1681196 view
お気に入り追加

HUNTER×HUNTER 最新巻!2017年06月26日 発売!!

暗黒大陸行きのB・W(ブラック・ホエール)がついに出発!

暗黒大陸とは これまでに暮らしていた世界の外側にある世界。

つまり、人類が暮らしていた世界の外側を意味します。
暗黒大陸には豊富な鉱物、難病を治す薬草など
人類にとって有益となる資源の宝庫でもある。

しかし有益だけではなく、厄災の存在も…

その大陸は「新世界紀行」という著書で書かれている幻の大陸

「新世界紀行」(著者:ドン・フリークス)

出版当時は空想小説という扱いであり、狂人の妄想であると思われ、現在は幻書となっている。
300年以上前にたった1人でメビウス(無限海)沿岸を探検しようとした人物の旅行記である。
現在は東の巻しか見つかっておらず、西の巻は発見されていない。

公式では渡航した者ははおらず、非公式での渡航者で正常な状態で帰ってきたのはビヨンド・ネテロのみ(V5調べ)

お忍びでネテロ、リンネ、ジグも渡航している
ネテロはのちに暗黒大陸について「儂等でさえ扉を開けただけで敷居もまたがずに踵を返したお化け屋敷」と語っている

ビヨンドは、カキン国王と手を組み歴史的偉人にする事を取り付け暗黒大陸進出を画策。
会長選挙の後に全世界へ向けた暗黒大陸進出宣言を行う。

そこに待ったをかけたのがV5(カキンとビヨンドに出し抜かれたことに焦る)

「V5」(近代5大陸)
現在の世界地図に描いてある全大陸を分けたもので、暗黒大陸の研究を長年行なっている施設を管理下に置いている。カキンとビヨンドの暗黒大陸行きを阻止するためにハンター協会に協力を依頼するが…

自らハンター協会に出頭するビヨンド

V5は平和的に事態を治める為、カキンを迎え入れV5からV6の新体制を作ることに。暗黒大陸渡航の際はカキン国王を新大陸の開拓者として正式に歴史に記す代わりに、リターン(希望)の分配を6等分に認めさせるという方針を提案。ビヨンドとカキンの渡航を承諾するのだった。

ビヨンドは本来、渡航許可を得るのは何年かかるかもわからないくらい、金銭と時間を浪費するため、この手続きを避ける最善策をとったと考えられる。

つまり全てはビヨンドの計画通りに進み、V5を出し抜き一番スムーズなやり方で暗黒大陸への渡航の許可を得たのだった。

その際V5の依頼で、ビヨンドの監視役としてハンター協会も渡航に参加することに

1 2 3





三月yayさん

日々のライフスタイルがなんとなく楽しくなってもらえたらと思っています。
富樫先生の体調が少しでも良くなりますように!

このまとめに参加する