1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「18歳選挙権」施行で240万人が新有権者に…日本の政治を変えるきっかけとなるか

選挙権が得られる年齢を18歳に引き下げる改正公職選挙法は、去年6月に成立し、公布から1年間の周知期間が設けられ、19日に施行されました。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年06月19日

10 お気に入り 10281 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○改正公職選挙法が施行された

選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が19日に施行される。

選挙権が得られる年齢を18歳に引き下げる改正公職選挙法は、去年6月に成立し、公布から1年間の周知期間が設けられ、19日に施行されました。

選挙権年齢の引き下げで、新たに選挙権を得る十八、十九歳の投票行動が注目される。

○約70年ぶりに選挙権が拡大

選挙権が広がるのは「男女普通選挙」が認められた1945年以来、約70年ぶり。

選挙権年齢の引き下げはおよそ70年ぶりで、18歳と19歳のおよそ240万人が新たに有権者に加わり、今月22日に公示される参議院選挙から適用されます。

○およそ240万人が新たに有権者に加わる

参議院選挙では18歳と19歳のおよそ240万人が新たに有権者に加わることになります。

総務省や県選管によると、有権者数の年齢別構成はこれまでも集計しておらず、新たに有権者となる人の実数は不明。

2010年の国勢調査(確定値)で判明した12歳と13歳(国内は計約240万人、県内は約2万2千人)が16年まで年齢を重ねたとして推定した。

○各党はアピールに躍起

新たに有権者になる18、19歳は約240万人と全人口の2%にすぎないが、初の国政選挙となる参院選(22日公示―7月10日投開票)に向け各党はアピールに躍起だ。

インターネットを使った活動に力を入れたりしていて、新たに選挙権を得る18歳と19歳を含めた若者の支持を拡大したい考えです。

○このニュースはネットでも話題になっている

朝っぱらから18歳のいかにも頭悪そうな女が「選挙難し過ぎてわかんなーいwww」とか言ってて頭痛くなったね

18歳19歳のアンケートで「選挙行く」が26%「多分行く」が40何%ってことは、行くって言って行かない人率を勘案すると、上の世代の投票率とあんまり変わらんのではないか>シューイチ

大騒ぎしすぎ? 18歳も20歳も、ほとんど同じ。 私は20歳になった時、まぁそこそこ考えて、フツーに選挙に行ったけどね。 四の五の云わず、行ってみればイイのよ。今、興味があるのは、18~19歳の投票率です。

18歳の人に選挙に行くかインタビューしてて 「公約とか政治家の言葉が難しくてわかんない」って言ってた女子がいたんですが、 国語力が18歳以降でそこまで伸びるとは思えないんだけど、この人いったい何歳になったら選挙に行くんだろうか…

○投票に行くという声も多数出ている

1 2