1. まとめトップ

【リリー・フランキー】もはや日本映画に不可欠な怪優

イラストレーターや文筆家など多才な人物として知られるリリー・フランキー。2013年映画『凶悪』『そして父になる』が高く評価され、以降俳優のオファーが途絶えず。今では日本映画に不可欠な存在に。2016年は『二重生活』『聖の青春』と出演作品の公開が続く。 追記:『美しい星』予告編解禁

更新日: 2018年06月15日

0 お気に入り 7063 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【追記】『美しい星』予告編が解禁

三島由紀夫の異色SF小説を映画化した『美しい星』(5月26日)のポスタービジュアルと予告編が17日、解禁された。主演のリリー・フランキーをはじめ、KAT-TUNの亀梨和也、橋本愛らが、ある日突然宇宙人として覚醒する様が収められている。

■マルチな才能の持ち主として知られるリリー

イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞、作曲など様々な分野で活躍し、マルチな才能を開花させている。

小説家

リリー・フランキーさんの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が第1位となり、「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 2006年本屋大賞」に選ばれました。

絵本作家

「おでんくん」は、リリー・ フランキーの絵本作品から生まれた物語。おでん屋台のお鍋の中にある、誰も知らない 、おでん村のおはなし。

デザイナー

下北沢駅南口近くの商業施設「Recipe SHIMOKITA」(レシピシモキタ)にモニュメント「こいぬの木」が誕生。俳優、作家としても活躍するイラストレーター、リリー・フランキーがデザインを担当。

音楽活動

リリー・フランキー主催ライブ「ザンジバルナイト2016」が、9月に東京・中野サンプラザにて開催。9回目となる今回はゲスト歌手としてPUFFY、大塚愛らが歌謡曲のカバーを中心に歌い上げる。

■2013年、『凶悪』『そして父になる』の演技が絶賛される

『ぐるりのこと。』でリリーの役者としての才能を開花させた橋口亮輔監督も、リリーの“カメラの前で何もしないことの凄さ”を評価している。

是枝監督は、「善人か悪人かわからないとこがいい。カメラの前で何もしないことの凄さをすごく理解していて恐いくらい」とコメント。

『そして父になる』(2013)

映画やドラマの中で、演技をせず自然体でいるような名優がかつてはいた。そういう存在が今、ほかにいないことも大きいのではと町山さんは語る。

町山=映画評論家の町山智浩

山田孝之からも「リリーさんとの共演は衝撃!」と言わしめ、「役者だがどう感じられるか分からないことをリリーさんは堂々とするんですよ。すごいですよ」と絶賛の言葉を浴びせる。

13年の『凶悪』(白石和彌監督)、『そして父になる』(是枝裕和監督)での演技が絶賛され、第87回キネマ旬報ベストテン助演男優賞、第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数多く受賞した。

■以降、俳優としてのオファーが途切れず

役者としても引っ張りだこのリリー・フランキー。今、映画でこの人を見ないときがない。出演作が続々と公開されている。

『神さまの言うとおり』

三池崇史監督の最新作「神さまの言うとおり」に、リリー・フランキーが出演。リリーは長髪のホームレスに扮している。

1 2 3