1. まとめトップ

世界一周クルーズ「ピースボート」は実際どうなの?【悪評(噂)と実態】

街中でよく見るポスター ○○回ピースボート 地球一周の船旅 99万円そのポスターを見て、死ぬまでに一度は世界一周をしてみたいなあと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。いろんな情報が錯綜するなか本当ところはどうなのか調べてみました?

更新日: 2017年07月06日

mitsuba1375さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 99075 view
お気に入り追加

世界一周の船旅「ピースボート」の魅力【街でよく見るあのポスター】一生に一度の大冒険
https://matome.naver.jp/odai/2142072425634866001

一般的な他クルーズとの比較

出典p.twpl.jp

Peace Boatという名前を知らなくても、居酒屋のトイレによく貼ってある世界一周のポスターと言えばピンとくる人も多いはず。

ツイッターやネットでの検索でヒットするほとんどが批判ばかりです。

洗脳・デマ・海自に護衛・乱交・大麻・宗教勧誘そんな言葉がたくさん出てきます。

ピースボートとは

ピースボートは非営利のNGOです。  ピースボートは1983年の初出航以後、アジアを始めとする世界各地に向かう国際交流の船旅を企画してきました。5回の地球一周クルーズを含めた21回の船旅で、のべ10,000人の人々とともに、100を越える港を訪問。営利を目的としないNGO(市民クルーズ)として、いかなる政治・宗教団体からも独立した運営を続けています。

参加代金がタダに!?ピースボートボランティアとは?

ピースボートに乗ってみたいけどやはりお金がない…という方のためにおすすめするのがピースボートのボランティアスタッフ。
スタッフはボランティアというくらいですから無報酬ですが、この船旅は無償になります。

その方法とは、冒頭で紹介したようなあの広告をお店などに貼ってもらうよう頼み回る人として活動することです。街を歩いていると必ずといっていいほど貼られているあのポスター、実は少しでもお金を抑えようとする人たちによって貼られているのです。
あれだけ良く目にするのはそれだけ貼っている人が多いということでしょう。

学生など、お金がないほとんどの人はポスターを貼ることによって、少しでも料金を低く抑えている人が多いようです。

実は貼った枚数に応じて、乗船時の料金が割引になるという仕組みがあるのだ。
確か3枚で1000円分の割引だったかな。
この仕組みを利用して、100万円の料金全額をポスター貼りの割引で支払うツワモノも結構な数存在する。

、飲食店であろうと民家であろうとラブホテルであろうと、全て飛び込んでポスターを貼らせてくださいとお願いする。
OKが出たら、1枚1枚貼った所の住所、店舗名、貼った場所、壁の素材などをメモして、お店の方のサインをもらう。
これを丸一日繰り返すのだ。

100枚近いポスターやらテープやらを担いで一軒一軒飛び込んで回るのは、精神的にも肉体的にもかなりタフな作業。
でも周りの皆は「船に乗る」という目標達成の為に、毎日生き生きとこのポスター貼りを繰り返していた。

ピースボートのビラ貼らせてくれ飛び込みの現場に初めて遭遇して感動している。

このポスター貼りのシステムが実によくできている

社会人の視点で見ると、このポスター貼りというのはなんともよくできた仕組みだと思う。 Peace Boat側はほとんどコストを掛けずに若者の労働力を大量に広告営業に投入することができる。 ポスターは無料で貼らせてもらっているから、広告料も掛からない。

若者側は旅行代金を貯められるだけでなく、船に乗る前から仲間が出来たりして楽しそうだ。
旅行代金分を稼ぐのには、正直もっと割が良くて楽なアルバイトはいくらでもあるだろう。
それでも毎日汗だくになりながら楽しそうにポスター貼り行脚をする彼らを見ていると、実は「一つの目標に向かってがむしゃらに頑張る」という体験を欲しているのかな、と感じた。
最近の若者はストレス耐性が無い、大変な仕事をしたがらない、などと言われるが、一度やる気を出す環境が整えば、かなりストイックに頑張る人達も多いのだと思う。
若者のモチベーションを上げる仕組み作りの参考になりそうだ。

本当に広告通りの値段で世界一周できるのか?

当然できません。これはあくまでツアー料金なので、寄港地での食事やお土産などは自腹となります。しかし、船内のサービスは料理含め無料で受けられます。

これらを含めると、どれだけ節約しても、プラス20〜30万はかかるそうです。
ですので、もしピースボートを利用して世界一周するなら、広告の値段に加えて予算を組む必要があります。

ないとは言い切れないようです。
宗教の勧誘はどこにいてもあることです。大学の構内や家庭への訪問など私たちの日常でもよく見ます。勧誘は断ればいいだけの話です。

乗船する船はボロい?

これは当たっています。豪華客船とは言え、最新のでなければ老朽化は避けられないものです。トイレなどが詰まったりすることも割と多いようです。ただし、ものすごく酷いわけでもないようなので割り切って乗る方が多いそうです。

ほとんどの若者は一人参加?

なので、周りに友達がいない状況は皆同じなわけで、もしかしたらずっとひとりぼっちかも、とか、そのへんの心配は不要だ。

それでもどうしても不安だという人は、乗船前からピースボートセンターに通ってみるといい。ピースボートセンターは、ボラスタをして割引を貯める以外にも、乗船者同士の交流の場でもある。ボラスタをしていると、船に乗る前から自然と友達もできる。

船内の食事が美味しくない?

これも、人により感じ方が変わってくると思われますが、美味しくないとの意見は多いと感じました。美味しいとの意見が見当たらなかったということは、裏を返せば食事はやはり普通以下で間違いなさそうです。

「安けりゃ豪華じゃなくっていい」そんな風に割り切れば十分アリ?

一番安い相部屋で120万円、一番高いシングルルームでも320万円です(105日)。

ほぼ同じ日数(104日)の「クーンビクトリア」の場合、
一番安い部屋で170万円、一番高い部屋で660万円です。

さらに日本船の「飛鳥2」だと、100日間のツアーで
一番安い部屋で480万円、一番高い部屋で2500万円です。

引用:http://lafy.jp/10080

1 2





mitsuba1375さん

「素晴らしい」を伝えたい。埋もれている”本当に良いもの”の発掘やPR・宣伝で、まとめを通して将来的には町おこしやお店が元気になるような仕組みを作るのが目標です。