1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makkarockさん

18歳選挙権実施

19日施行の改正公選法で選挙権年齢が18歳に引き下げられる

実は教育現場が戦々恐々

インターネットを利用した選挙運動は3年前に解禁された

高校3年生がツイッターで「この候補を応援して」とつぶやいても、年齢が17歳の生徒は公選法に触れる

選挙権のない17歳は一切の選挙運動ができない

SNSを活用した選挙運動

高校生にとって、ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)は当たり前のコミュニケーションの手段

同じ高校3年生でも実年齢で選挙違反に

特定候補を応援するつぶやきに共感した高校3年生が「リツイート」して広めた場合、18歳ならば問題ないが、17歳ならば公選法違反に当たる。

実際に起きていた昨春の統一地方選での選挙違反

今春18歳になった北部九州のある男子高校生は、好感を持っていた候補者への投票を呼び掛ける投稿をリツイートした。

「いい人やけん応援したかった。拡散して、それを見た大人が投票してくれればと思った」と振り返る

学校の授業で当時の自身の行為が公選法に触れることに気づいた。

「やばいかな」。不安が頭をもたげたという。

SNSでのうっかり選挙違反

ツイッターだけではなく、facebook、Google+、LINE、Instagram、mixiなどSNSの共有(シェア)は十分に気を付けないと選挙違反になってしまう。

1