1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shrtate0000さん

VR : バーチャルリアリティ

「仮想現実」のことで、コンピュータなどによって作り出されたサイバースペースをあたかも現実のように体験する技術のこと。

つまりVRによってゲームの世界を実際に体験できるということです!

ちなみに最近話題の「ポケモンGO」はAR(拡張現実)と呼ばれるものです

VR体験談

「『THE DEEP』で海に潜る映像を見ていた時に、海の潮の香りがした」
「『サマーレッスン』で首元に近づいた女子高生の息づかいが聴こえた」

出典科学未来館トークイベント / クローズアップ現代+

実際に磯臭い魚の匂いをこっそり嗅がせたわけでも、スタッフさんが首元に息を吹きかけたわけでもありません。

体験者は映像と音だけしか感じていないのに、いずれも実際には存在しないはずの体験をしています。

サマーレッスンとはVR内で女の子とコミュニケーションをとることができるPS4のゲーム

VRは五感の90%を支配する

PlayStation VRをはじめとするVRデバイスは、立体視ができるヘッドセットと立体音響のイヤホン、ヘッドホンを使い、この五感のうちのふたつ「視覚」と「聴覚」を支配することで高い没入感を得ることができる機器です。

つまり「視覚」と「聴覚」を支配するVRデバイスは、人間の感覚の90%以上をコントロールすることができるデバイスであるともいえます。

クロスモーダル現象

クロスモーダル現象とは、仮想体験によって実際には起こっていない感覚を得る現象。クロスモーダル知覚(Crossmodal perception)などとも呼ばれるようです。

つまり「存在しない他の感覚を脳が補完してしまう」ということ

サマーレッスンを体験 一人は大学生。一人はホスト。

サマーレッスンの演出の中には、キャラクターの目を見て話を聞かないとそれを指摘したり、プレイヤーが近づきすぎると少し距離をとったりするような、プレイヤーの動きに対してキャラクターを反応させる「双方向性」の仕組みが取られています。

そしてデモの後半では、女子高生のキャラクターがぐっとプレイヤーの首筋に顔を近づけて、ある行動をとる、という演出があるのですが、クローズアップ現代+での実験では、ここでの被験者の体験に大きな差が生まれました。

ほんの数センチ耳元まで顔を近づけてきた女子高生、ホストはクロスモーダル現象としてその吐息を聞いたのに対し、大学生はクロスモーダル現象が得られることはありませんでした。

過去の経験の差がクロスモーダル現象に影響する

実際には存在しないものを脳が勝手に作り出していということは、もととなる情報が必要です。そのために脳は、過去の体験と照らし合わせて感覚を補完します。

経験したことのない感覚(体験)は補完することができない.....

VRで脳が完全に騙される『クロスモーダル現象』とは? vr.cravelweb.com/column/crossmo… @PSVR_infoさんから スゴいね 人体

1