1. まとめトップ

雨が多くて憂鬱なだけじゃない!! 梅雨に気をけたい肌トラブル&対策

梅雨の時期に起こりがちな肌トラブルについてまとめました。油断していると、この後やってくる夏にも影響するので、しっかりと対策をするようにしましょう!

更新日: 2016年06月21日

7 お気に入り 403 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bnmmmdさん

梅雨の肌トラブルの原因とは

梅雨の肌トラブルの原因は湿気です。湿気があると肌もベタつきやすくなります。
そして、もう一つはエアコン。室内を快適に過ごすためのエアコンですが、肌の乾燥を招く危険性もあるのです。

屋外は多湿、屋内は乾燥と肌にとっては過酷な環境と言えます。このような環境下では肌の皮脂コントロールが乱れてしまい、結果としてベタつきを招いてしまうのです。

梅雨肌の原因

常に肌が乾燥をしないような状況にしておけば皮脂が多く出るということもないのですが、なかなか難しいようです。

気温や湿度が高いために、不快に感じたり体調をくずしたり……という人も多いはずです。また、美肌を保ちにくくなって、肌トラブルが頻発する人も少なくないようです。

梅雨の肌トラブル対策

①洗顔

肌のベタつきやテカリが気になるからといって、過度な洗顔をしてしまいがち。しかし、洗顔のやりすぎは逆効果になる場合が...
梅雨時期の洗顔は『毛穴に詰まった皮脂を落とし、清潔を保てる程度』がポイントです!

梅雨のベタつくお肌のケアとして重要となるのが、いかに過剰に分泌される皮脂や汗を抑えるのかということ。その際に気をつけなければいけないのが「洗顔」です。

梅雨肌対策は「洗顔」から見直そう!

洗顔のしすぎはお肌表面の水分を奪ってしまうことも。これが繰り返されると肌荒れが起こり、更にはお肌の乾燥にもつながりかねないでしょう。これらのことから、梅雨のベタつき肌を美しく保つためには、毛穴に詰まった皮脂を除去し、清潔を保てる程度の適切な洗顔が必要だと言えます。

②保湿

肌のベタつきの原因は乾燥が影響している場合があります。乾燥を防ぐための保湿ケアが重要です。
化粧水やクリームを使って、しっかりと肌内部に潤いを届けましょう!

テカリやベタつきと同様に毛穴の皮脂汚れを取り除いてから、収れん化粧水などで毛穴を引き締めるスキンケアが必要です。

梅雨肌による黒ずみや大きく開いた毛穴の悩みの場合は

肌のバリア機能が低下しているのに、保湿を怠ってしまうと、悪影響から肌を守ることはできません。湿度が高くても化粧水だけのスキンケアでは、肌の水分がどんどん蒸発してしまいます。化粧水のあとには、必ず油分を含んだ乳液や保湿クリームで保護してください。

梅雨の時期にこそ保湿を

③紫外線対策

梅雨空だからと手を抜いてしまいがちな紫外線対策ですが、6月の紫外線量は7月や8月と大きく変わりません!
肌へのダメージを考えるなら、しっかりと紫外線を対策していきましょう。

気象庁の「日最大UVインデックス」によると、5~8月が紫外線のピーク。そのうち、晴れの続く5月と、梅雨で雨や曇りが多い6月の紫外線が同じくらい強いことがわかります。

射しを感じないからとUVケアをしないでいると、夏を迎える前のこの時期にくすみやシミが増える危険性大。日常生活ではSPF30、PA++くらいのUVケアを欠かさず使い、気になるようなら美白コスメも積極的に取り入れましょう。

うっかり日焼けに注意!!

1