1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

家賃・学費がタダ…。東大のライバル校が羨ましすぎる

シンガポール国立大学が東京大学を抑えて初の一位!中身を聞いたら納得ありすぎw

更新日: 2016年06月21日

silverclaspさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
328 お気に入り 264222 view
お気に入り追加

アジア№1の大学が今年も決定

イギリスの教育専門誌がアジア各国の大学の最新ランキングを発表

評価基準は「教育の質・学習環境」「生徒と教員の国際性」「研究の質」「論文被引用数」などの13項目。アジア・トルコ・中東を含めた22か国の大学を対象に調査し、上位200大学を決定した

日本で一位を誇る東京大学は...?

教育の質では全体の1位だったものの、学生と教員の国際性では70位となっていて順位を押し下げた要因に

東大がアジアの大学首位から陥落したニュースをみて逆に今まで一位であり続けたことにびっくりした。

確かに知らなかった!

東大を抑え1位になったのは

1位はシンガポール国立大学(総合点数100.0点)。2位は香港大学(98.5点)、3位はシンガポールの南洋理工大学(98.4点)と続く

1905年に創立した最も歴史のある大学。16学部55の学士課程を開講し、世界40ヵ国のトップ大学と300の交換留学制度を設けています

全学生数は37,000人に上ります。なお、全学部生27,391人のうち、外国籍学部生の割合は15%を占めています

アジアではシンガポール国立大学がトップというのは納得

なんでなんで?

莫大な資金力で学生を支援している

学費も家賃もタダです。お小遣いとして毎月10万円渡します。引っ越し代、渡航費も出します。まじめに勉強すれば大学院卒になれます

このような誘い文句で優秀な生徒を世界から集めるみたい

そもそも海外の奨学金は無償の給付型で日本のような借金ではない。確かに多くの大学では一部の人にしか奨学金は支給されない

NUSでは留学生の半分が奨学金を受けている

学生たちに「なぜシンガポールの大学院へ進学することを選択したか」と尋ねると、「シンガポールに来れば、衣食住に困らない程度の給付型奨学金(貸与ではない)は出る」ということであった

NUSの学生たちに訪ねてみたらいつも答えは同じだという

NUSはプレリムまで毎月2000シンガポールドル、プレリム通れば毎月2500シンガポールドルの奨学金が貰えるとか

2,000SGDは約15万5,039円で、2,500SGDは約19万3,798円です…(゚Д゚)え

一週間のインド旅行も無料だとか(゚Д゚)

東南アジア有数の金持ちといわれたシンガポールの李光前の財団から計500万円の奨学金を受けていた。アジア1の金持ちともいわれる香港の李嘉誠の財団から奨学金を受けていた学生も

他にも、台湾の張栄発(海運、航空業を営むエバーグリーン〈長栄〉・グループの創業者)やインドネシア系華僑など、奨学金の先を辿ると世界でも有名な中華系の富豪の名前があがる

もちろん学校の施設も凄い

ウィリアム王子とキャサリン妃も訪れたみたい

キャンパス内は広すぎていくつかバス停があります。初めての人はキャンパス内で迷うこと必至です

1 2





silverclaspさん

始めてみました。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう