1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ロサンゼルス北部の街ロス・フェリスの高級スーパーマーケット「Gelson’s Markets」で、アンジェリーナ・ジョリーが食材の買い出しをしているところを目撃された。

床スレスレの黒のロングジャケットにヌードカラーのパンプス、髪はボリューム感を出したダウンスタイル。ナチュラルメイクでオフの日を過ごしていたようだが、全身から漂うセレブのオーラは、やはり隠しきれなかったようだ。この日のアンジェリーナは、自ら颯爽とショッピングカートを押しながら買い物をしていた。

店内に居合わせた客の情報によると、アンジェリーナのお買い上げ商品は、生鮮食品、ボトル入りのフラペチーノ、インスタントヌードルスープ、オーガニックの卵など数点とのことだ。

アンジェリーナ・ジョリーさんが、ワシントンで記者会見し、世界で難民が急増していることに対して不寛容と外国人を受け入れない傾向が社会に広がっていると懸念を示しました。

米女優アンジェリーナ・ジョリーが、がん予防のため39歳で卵巣および卵管の摘出手術を受けたことをニューヨークタイムズ紙のコラムのなかで公表し、注目を集めている。米ノースショア-LIJがん研究所のJill Whyte氏によると、がんリスクは40歳から大幅に上昇するため、この年齢での摘出は標準的だという。

ジョリーは2年前、乳がん、卵巣がんのリスクを上昇させる遺伝子変異が認められたことから予防的両乳房切除手術を受けており、その時点ですでに卵巣摘出を計画していた。ジョリーは、母と祖母と叔母をがんで失っており、特に彼女の母は49歳で卵巣癌と診断されている。

紛争などで家を追われた人の数がこれまでで最も多い6500万人を超えたことについて「難民が急増しているこの危機をわれわれは無視することはできない。無視することは無責任で危険だ」と述べ、解決の必要性を訴えました。
また、「難民が急増している事態に対して不寛容と外国人を受け入れない傾向が社会に広がっている」と述べて懸念を示し、憎悪を広げるのではなく減らす政策が必要だと強調しました。
ジョリーさんは、このあと、難民としてアメリカに渡ったイスラム教徒の人たちなどが参加する会合に出席し、宗教や人種の多様性を認める社会の重要性を訴え、子どもたちと記念写真を撮るなどしました。

1