1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

異例の契約更新!ソフトバンクホークス「バンデンハーク」が凄すぎる!

ソフトバンクは21日、リック・バンデンハーク投手と来年から新たに3年契約を結んだと発表しました。バンデンハークは昨年、韓国のサムスンから入団、今年はプロ野球新記録となるデビュー14連勝を達成するなど10試合に登板して6勝1敗。2年契約が切れる今季終了を待たず交渉を開始し、異例の早さで合意になりました

更新日: 2018年05月30日

1 お気に入り 21636 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バンデンハークが契約更新!

ソフトバンクは21日、今季で2年契約が切れるリック・バンデンハーク投手(31)と来季から3年契約を結ぶと発表した。

今季は21日現在で疲労の蓄積を理由に抹消されているが、10試合に登板して6勝1敗、防御率3.41の好成績。

シーズン途中での契約更新は異例です

チームは2年契約が切れる今季終了を待たず交渉を開始し、異例の早さで合意にこぎつけた。

三笠球団統括本部副本部長は「ほかにも選択肢がある中で選んでくれてうれしい」と話した。

今オフにも争奪戦になる可能性も十分にあったが、いち早く合意にこぎ着けた格好となった。

3年契約で10億円以上!

今季年俸は推定1億5000万円だったが、昨季9勝0敗、今季も6勝1敗と抜群の安定感が評価された。

契約総額は出来高分を除いても1000万ドル(約10億5000万円)を超えるとみられる。

球団側も「あれだけの投手はなかなかいない。何もせずに流出するようなことはしない」(球団フロント)と話していた。

喜びのコメントを発表!

なによりもまず、私に信頼を寄せていただいている孫オーナーをはじめ、フロントの皆さん、工藤監督、そしてチームメイトに対し、お礼を言いたいと思います。

2017年からの3年間も、引き続きホークスの一員となれることを、非常に光栄に思うとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、本当に素晴らしいチームメイトと一緒に、さらに多くの優勝を勝ち取り、そして素晴らしいファンの皆さんの前でプレーできることをとても楽しみにしています

バンデンハークとは?

バンデンハーク投手はオランダ出身の31歳で、昨シーズンからソフトバンクに加入しました。

150キロを越える速球や切れ味の鋭い変化球を持ち味に先発ローテーションの1人となり

5月17日の日本ハム戦で初黒星を喫するまで、デビュー戦から14連勝の日本記録を樹立。14連勝は助っ人外国人投手の日本新記録でもある。

1 2 3