1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

解約してから後悔…固定電話を解約するデメリット

年々、利用件数が減少傾向にある自宅の固定電話。特にその傾向は若年層に顕著に表れているようですが、中には固定電話を解約してから不便を感じてしまう場合もあるようです。

更新日: 2017年04月14日

79 お気に入り 811154 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■年々、減少の一途をたどる固定電話

携帯電話の普及に伴い「加入電話」と呼ぶ固定電話の契約者は減り続けている

■特に若い世代ではその傾向が顕著に表れている

50代以上は依然として9割以上が固定電話を保有しているが、30~40代では保有率の低下が目立ち、25-29才層では保有率5割程度と低い

年齢が若い家庭ほど固定電話を置いておらず、高齢の方がいるご家庭ほどおいてある確率は高い

某シンクタンクがこのほど発表したアンケートによると、初めて一人暮らしをする20代以下の若者の固定電話購入率は0%という、ショッキングな結果となりました

■固定電話を解約する世帯が増えている

ここ3年ほど使ってないのに契約してた固定電話回線を解約しておいた。(遅い)

■学校の連絡網に携帯電話を掲載する家庭も増えています

働いてるお母様たちも多数いるし、自宅にかけられても電話に出られないという方もいらっしゃる

■固定電話の使い方がわからない若者も増えている…

ガラケーがほぼ絶滅し、スマホ全盛の昨今。自宅に固定電話がない家庭もめずらしくない

今の子どもたちは携帯やスマホは使えるが、固定電話の掛け方を知らない子が多い

■しかし、固定電話を持たないことのデメリットもあります

固定電話を解約するデメリットってなんだろう

これだけ携帯電話が普及しているのに固定電話の必要性が有るのだろうか。

信用情報にマイナス?

住宅購入の場合、住宅ローンの審査を行う保証会社によっては、固定電話番号を必ず明記するようにいわれます

キャッシングの申し込みでは、連絡先を記入する必要がありますが、携帯電話の番号だけで申請するよりも、固定電話の番号も記入した方が評価は上がります

1 2