泡で満たされたバスタブにつかる20代女性 by アマナイメージズ

重要なのは、肌にやさしい洗浄成分を選ぶこと。界面活性剤が使用されているものではなく、アミノ酸系やグルコシド系のものを選ぶようにしましょう。また刺激面だけでなく、保湿力にも注目です。保湿効果があるものは肌荒れ防止にもなります。

この情報が含まれているまとめはこちら

肌に優しいのは弱酸性?アルカリ性? 安心して使えるボディケア用品をまとめてみた!

「毎日、カラダを洗うときに使うものだから肌に優しいモノを使いたい」とか考えている方も多いのではないでしょうか?弱酸性・アルカリ性に問わず、肌に優しいモノをご紹介します。特に敏感肌の方は参考にしてください。

このまとめを見る