1. まとめトップ
  2. ガールズ

日焼け対策にも!ショート丈カーディガンの着回し夏コーデ

ロング丈のカーディガンが人気ですが、ショート丈のカーディガンは着回し力もありアレンジもしやすいので、夏の軽い羽織りとして大活躍してくれますよ!

更新日: 2016年08月04日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
615 お気に入り 260610 view
お気に入り追加

日焼けや冷房対策にもなる夏のカーディガンコーデ

夏の室内は冷房が効いていることが多く、軽めの羽織りがあると重宝しますよね。カーディガンはシワになりにくく持ち歩くのにも便利なので、夏も活躍するシーンがいっぱいですよね。

カーディガンがあれば、アツい時にはコーデのアクセントにできますし、寒い時には普通に着れますから♡

メインで着こなすのはもちろん、肩に掛けて差し色に使ったり、UV対策にも大活躍!!

特に鮮やかなカーディガンが1枚あるとコーディネートのアクセントになり夏らしい明るい着こなしが楽しめます。

鮮やかな差し色カーデは、顔映え効果もばっちりだし、オフィスの冷房対策にも大活躍!

白T×ジーンズの組み合わせにピンクのカーディガンがかわいいですね。

ノースリーブとも相性がいいプロデューサー巻き

二の腕をさりげなく隠してくれるプロデューサー巻きも夏によく見かけるカーディガンの着こなし術。

同系色でまとめた着こなしにも引き締め色のカーディガンでメリハリをつけて♪

前で袖を結ぶと存在感が増してファッションのワンポイントアイテムとして使えます。

オールホワイトコーデも赤のカーディガンをプラスすれば一気に華やかに。

カーディガンのボタンを背中に見せれば、寂しくなりがちな背中側のアクセントにもなります。

メリハリも出る腰巻きスタイル

出典wear.jp

ボーダーのカーディガンでシンプルコーデにアクセントをつける方法も。

少し高い位置で結ぶとスタイルUPにもなる♪

シンプル過ぎてなにか物足りないコーデになったら、カーデを腰に巻く腰巻きスタイルを。

出典wear.jp

黒ワンピには対照的な色のカーディガンを選んでメリハリを♪

出典wear.jp

夏のシンプルコーデに何か変化が欲しい時にはカーディガンがかなり役に立ちますね。

赤のカーディガンは、黒に映えてさらに大人っぽさもあるので、ぴったりですね!

袖を通さずただ羽織るだけ!もこなれ感が出て◎。

1 2





amasayaさん