1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

99.9にるろ剣...実はNGなのに"あえて"放送した映画&ドラマ

普通ならNGシーンなところをあえて採用し放送された日本のドラマ&映画です。

更新日: 2016年06月28日

136 お気に入り 401551 view
お気に入り追加

大ヒットした嵐・松本潤主演のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」

2016年4月17日~ 6月19日までTBS系で放送
キャストは、嵐の松本潤、榮倉奈々、香川照之、青木崇高など

松本さん扮する超型破りな弁護士・深山大翔をはじめ、個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント

刑事事件の裁判有罪率が99.9%と逆転が難しい状況の中、残された0.1%の可能性にこだわり、事実を追求する弁護士の奮闘を描いた

長尺の法廷シーンやアップテンポな対話、あふれる小ネタやダジャレ、謎解きはいつも放映中から、SNSで大きな話題になっている。

2016年1月クールの「スペシャリスト」を上回り2016年の民放連続ドラマ1位に輝いた

そんな"99.9"で、本来NGだったシーンが放送されていた事が判明

榮倉奈々さんは、弁護士・立花 彩乃(たちばな あやの)役

「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、香川照之がドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の秘話を公開

榮倉奈々が唐突にくしゃみをし、本来ならNGとなるシーンがそのまま放送されていると明かしました。

該当シーンのVTRが流されると、確かに榮倉が唐突にくしゃみをしている。にも関わらず、そのまま放送されたという。

99.9で榮倉奈々がくしゃみするとこ演出だったのかな?

前回の99.9%での榮倉奈々ちゃんのくしゃみ(笑) え?リアルに?演技でなく!? と思って、そこだけ何回も見ちゃった(笑)

待って99.9の榮倉奈々ちゃん、くしゃみとかナチュラルにかましすぎて可愛い笑 というか、あれがOKシーンになることに驚き笑

それは第1話のマギー(藤野 宏樹役)登場シーンで嵐・松本潤(深山 大翔役)の会話より

画像は俳優のマギー

(マギーが、)深山弁護士(松本)に向けて「え? どこに行くんです?」というところを噛んでしまい「め?」と発音してしまう。松本も「この人“め?”って言った」と驚いた顔をしているのだが、そのままOKで通ったそうだ。

※話題の多かった99.9、夏菜の顔にも話題が集まった

他にも、NGシーンが"あえて放送された"映画やドラマがあった

■大泉洋主演の映画「駆込み女と駆出し男」

2015年5月16日に公開された
キャストは、大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名など

井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案に、「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が初めて手がけた人情時代劇

離縁を求める女たちの人生の再スタートを手伝うことになった戯作者に憧れる男の活躍と恋をコミカルに描き出す

主演は大泉洋。寺に駆け込む女たちを、『SPEC』シリーズなどの戸田恵梨香、実力派の満島ひかりらが演じる。

舞台挨拶の時に、原田監督&大泉洋がこの話題に触れていました。

【大泉洋】
「NG使うんですよ、この人!」堤真一さんに「監督、NG使うからな、気をつけた方がいいよ」とは言われてたんですけど、バッチリ使われました。

【採用シーン】
実は信次郎が青拙(麿赤兒)に喀血(かっけつ)の説明をする長セリフで、大泉さんはセリフを忘れて間が空いてしまった。それをそのまま本編で使用している。

1 2 3





メンsorandaさん