1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

4年後なのに異例の早さ…東京五輪エンブレムの公式グッズが発売されている

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会エンブレムを使用した公式オリジナル商品の第1弾を発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年06月23日

7 お気に入り 23409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○東京五輪大会組織委が公式グッズ発表

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会エンブレムを使用した公式オリジナル商品の第1弾を発表した。

発表会は22日午後、東京・港区の組織委員会のオフィスで開かれました。

市松模様の大会エンブレムをあしらったTシャツ、ハンドタオル、ピンバッジなど7種類の公式オリジナル商品を発表した。

○商品も順次展開していく

ポロシャツやタオルなどで、それぞれにオリンピックバージョンとパラリンピックバージョンがあります。

価格は税別でTシャツが2500円、ポロシャツが3千円、ハンドタオルが800円。

今後はリオデジャネイロ大会へ向けた応援グッズや、日本の伝統工芸などをコンセプトにした商品も順次展開していく。

○公式オンラインショップもオープン

商品は全国のスポーツ用品量販店など83店舗で購入可能で、きょう23日午前10時に公式オンラインショップもオープンする。

全国のスポーツ用品量販店など83店舗で購入可能で、午前10時に公式オンラインショップもオープンする。

○発表会には作者の野老朝雄さんも出席

都内で開かれた発表会には、作者の野老朝雄さんも出席し、喜びを語った。

「感無量です。独り歩きを始めたというか、最もポロシャツが似合わないタイプだと思っています。こっぱずかしいです」と話した。

「誇らしい気持ちで感無量。将来的にアスリートを志すかもしれない子供に着てもらえたら」と話した。

○世の中を騒がせたエンブレム問題

エンブレムが一種の"社会現象"となるにつれ、日本のグラフィックデザイン史や広告業界の抱える構造的課題にまで言及せざるをえないことになっていった。

エンブレム問題は佐野氏のエンブレムの取り下げをもって決着し、事態は収拾に向かっている。

○このニュースはネットでも話題になっている

今日はオリンピックデーなのか。東京五輪エンブレム入りっ公式Tシャツって2500円だそうで。あんまり高く感じないぞ(笑)

東京五輪のエンブレム最初見たときは地味だし全く良さが分からなかったけど、今見たら日本人の控えめな感じの中に上品さもあってすごく良く見える

東京五輪のエンブレム、白と藍色を反転させてはダメなのかな? Tシャツや甚平とかはその方が似合う気がする。

市松模様の五輪エンブレム、結構いいかもって思うようになってきた。見慣れてきたからかな。東京大会だから、藍色じゃなくて江戸紫でもよかったかも?

○「地味」といった声も多数出ている

1 2