1. まとめトップ

MLB速報 | 2017年シーズン(田中、ダルビッシュ有、前田、岩隈、青木、上原、田沢)

大リーグ(MLB)の日本人投手陣、ヤンキース:田中将大、レンジャーズ:ダルビッシュ有、マリナーズ:岩隈久志、ドジャース:前田健太、シカゴ・カブス:上原浩治、マーリンズ:田沢純一の活躍~2017年の成績、直近の試合結果、過去の通算成績などのまとめ。

更新日: 2017年10月21日

mas1satoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 57352 view
お気に入り追加

○田中将大(たなか・まさひろ)29歳

マー君、7回無失点の快投でワールドシリーズ進出に王手 カイケルに投げ勝ちPS2勝目

ヤンキースの田中将大投手(28)が第1戦に続いて先発し、7回3安打無失点、1四球8三振。103球を投げ、ポストシーズン(PS)2勝目を挙げた。チームは2連敗からの3連勝で09年以来、8年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000044-dal-spo

田中将大、6回2失点もヤンキース初戦落とす

ヤンキース、田中で初戦を落とすー。ヤンキースの田中将大投手(28)が13日(日本時間14日)、敵地で開幕したアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ初戦に先発。6回3奪三振1四球、4安打2失点でクオリティースタートの好投も、味方打線は7回10奪三振4安打無失点と完璧だった相手先発・カイケルの前に沈黙。九回2死からバードが右翼ソロを放ったが、1-2で黒星スタートとなった。

出典http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20171014-OHT1T50104.html

田中将大は第1戦に先発 ア・リーグ優勝決定シリーズ

ヤンキースは12日、アストロズと13日から対戦するア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)の先発投手を発表し、田中将大投手は敵地ヒューストンで13日午後7時8分(日本時間14日午前9時8分)開始予定の第1戦に決まった。

出典http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/171013/spo17101308190018-n1.html

田中将大の快投から奇跡の大逆転 ヤンキース、2連敗から3連勝で地区S突破

ヤンキースは11日(日本時間12日)、敵地クリーブランドでインディアンスとの地区シリーズ第5戦に5-2で勝利し、奇跡の大逆転で5年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。第1、2戦と敵地で2連敗も、第3戦を田中将大投手の快投で取ると、一気に3連勝。第5戦はグレゴリアスの2打席連続弾で3点を奪い、サバシア、ロバートソン、チャプマンとつなぐ決死の投手リレーでリードを死守した。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00010010-fullcount-base

田中将大にNY紙絶賛の嵐「最高の結果」「監督のキャリア繋ぎとめた」

崖っぷちの登板で7回3安打零封、マー君に称賛の声「最高に勝負強い投手」崖っぷちのヤンキースを救った田中将大投手の力投をNYメディアが大絶賛した。8日(日本時間9日)、本拠地で行われたインディアンスとの地区シリーズ第3戦に先発し、7回無失点でヤンキースの1-0の勝利に貢献

出典https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256830

13勝12敗防御率4.74
9月29日現在(現地)

・位置、投打 投手、右投げ右打ち
・背番号   #19
・生年月日  1988年(昭63年)11月1日
・身長、体重 188センチ、93キロ

・2014年 13勝5敗 防御率2.77
・2015年 12勝7敗 防御率3.51
・2016年 14勝4敗 防御率3.07
※日本通算成績 
・2007年~2013年(楽天)
 99勝35敗3セーブ 防御率2.30

○ダルビッシュ有(だるびっしゅ・ゆう )31歳

PS2勝目のダル 来季以降は“5年140億円契約”が最低ライン

ドジャース・ダルビッシュ有(31)が17日(日本時間18日)、カブスとのリーグ優勝決定第3戦(シカゴ)に登板。初回、2番シュワーバーに先制本塁打を許したが、その後は持ち直す。四回には2死一、二塁のピンチを招いたが、後続を三振に仕留めて、つけ入る隙を与えない。五回までで5安打1失点、チームも6対1で勝利したため、勝利投手に。ドジャースはリーグ優勝に王手をかけた。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000012-nkgendai-base

ダル、PS初白星「息の根を止める気持ちで」

ダイヤモンドバックス1-3ドジャース(9日=日本時間10日、フェニックス)米大リーグのプレーオフはア、ナ両リーグで地区シリーズ(5回戦制)が行われた。ナではドジャース(西地区1位)がダイヤモンドバックス(ワイルドカード)との第3戦に3-1で勝ち、スイープ(3連勝)でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。先発のダルビッシュ有投手(31)は5回0/3を2安打1失点でポストシーズン初白星。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000011-sanspo-base

10勝12敗0S 防御率:3.86
※9月25日現在(現地)

・位置、投打 投手、右投げ右打ち
・背番号   #11
・生年月日  1986年(昭61年)8月16日
・身長、体重 196センチ、100キロ

・2012年 16勝9敗 防御率3.90
・2013年 13勝9敗 防御率2.83
・2014年 10勝7敗 防御率3.06
・2015年 -    -
・2016年 7勝5敗 防御率3.41
※日本通算成績 
・2005年~2011年(日本ハム)
 93勝38敗 防御率1.99

○岩隈久志( いわくま・ひさし) 36歳

右肩炎症の岩隈「極めて低い」今季中の復帰なしか

右肩の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマリナーズ岩隈久志投手(36)が今季中に復帰する可能性について、サービス監督が「100パーセント否定するわけではないが、極めて低い」と語った。球団公式サイトが14日に報じた。

出典https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201709150000425.html

0勝2敗 防御率4.35
※5月3日現在(現地)

・位置、投打 投手、右投げ右打ち
・背番号   #18
・生年月日  1981年(昭56年)4月12日
・身長、体重 190センチ、86キロ

・2012年  9勝5敗 防御率3.16
・2013年 14勝6敗 防御率2.66
・2014年 15勝9敗 防御率3.52
・2015年  9勝5敗 防御率3.54
・2016年 16勝12敗 防御率4.12
※日本通算成績 
・2000年~2004年(近鉄)
・2005年~2011年(楽天)
  107勝69敗 防御率3.25

○前田健太 (まえだ・けんた)29歳

米名物記者、WS進出に導いた一人に前田健太を挙げる「見事としか言えない」

1 2