1. まとめトップ

SMAP解散騒動以降、人気ガタ落ちでイメージダウンのキムタク(木村拓哉さん) どうなる?

解散を防いで功労者どころではなく、裏切り者とイメージダウンで人気ガタ落ちとなってしまったキムタクこと木村拓哉さん。ジャニーズの幹部と引き換えに人気、好感度など失うものは大きくなりそうですが。。

更新日: 2018年08月17日

5 お気に入り 1066527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

木村拓哉が“ドッキリ”出演も必死すぎが「痛々しい」と心配の声

8月16日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に木村拓哉が出演し、一般人にドッキリを仕掛けた。視聴者からは「番組宣伝のために必死になりすぎ」と揶揄する声が飛んだほか、ドッキリの手法についても批判する声が相次いでいる。

木村は夕飯時に『ブラックマヨネーズ』の小杉竜一とともに一般家庭を訪れ、家族とともに夕飯を食べる突撃企画に挑戦。一般家庭を驚かせるドッキリに加えて、制作サイドは小杉にも「逆ドッキリ」を用意させていた。食事中、妻の料理の味をめぐって夫婦はケンカをしたフリをし、木村もケンカに介入したがこれは全て演技。夫婦・木村は裏で結託して、ケンカの際に小杉がどのような態度を取るのか試していたのだ。

隠しカメラで撮影する中、夫は妻の料理に文句を付け、妻を怒鳴り続けた。木村は夫の言い分が気に入らないふりをして夫にもの申したが、「勝手に来てガタガタ言ってるんじゃねえよ」と夫に言われ、「あっ?」と怒った様子。3人がケンカの演技をしている途中、小杉はダンマリしていた。

番組側は小杉を「チキン」と評して視聴者を笑わせようとした。視聴者は木村についてツイッターで言及。


《キムタクって、プライベートでも夫婦喧嘩に出くわしたら仲裁してくれそう》
《自然体の演技だから小杉もだまされちゃうね》

などと、木村の演技を評価する声があった一方で

《ああいうドッキリは本当に苦手》
《旦那の演技が下手すぎて、ドッキリ企画なのがバレバレ》
《亭主関白ではなくただのモラハラだ。普通、奥さんのことを初対面の芸能人の前でこき下ろせない》
《番組がキムタクの好感度上げようとしてる感が見え見えで素直に楽しめない》
《キムタクもこんな番組に出るようになったの?痛々しい》

などと、過度に怒鳴り散らす夫の演技を批判する声も。また、木村の好感度を上げようとする演出にも批判が相次ぎ、中にはなりふり構わずバラエティ番組に出演する木村の行く末を案ずる声もあった。

冠番組もなくなった木村の行く末が気になるところだ。

■木村拓哉のラジオから「SMAP」消える リニューアルは事実上の“左遷”なのか

元SMAPの木村拓哉がパーソナリティを担当しているTOKYOFMの『木村拓哉のWhat's UP SMAP』(毎週金曜23時)が7月いっぱいで放送を終了。8月からは、新番組『木村拓哉 FLOW』がスタートすることが発表された。

本番組は1995年から約23年にわたり放送してきた木村拓哉の冠番組であり、SMAPが解散した2016年以降も「SMAP」がタイトルに付く唯一の番組だった。

 番組リニューアルの理由は明らかになってはいないが、木村によると『そろそろ、この船を降りて次の船に乗ってもいいんじゃないか』という話があり、次の船に乗ろうと決意しました」と番組中に明かした。番組スタッフ側からリニューアルの打診があったことを示唆している。

 『木村拓哉のWhat's UP SMAP』は半年間の休止期間こそあったものの、ほぼ毎週休まずに放送してきた。放送期間中には自身の結婚やSMAPの解散など、人生のターニングポイントにも直面しており、その際には包み隠さず心境を語っており、木村拓哉ファンにとっては大切な番組だった。

なお、新番組『木村拓哉 FLOW』は毎週日曜日の午前11時30分からの放送となる。この放送時間移動に関して、一部関係者の間からは心配する声も上がっている。

 毎週日曜日の午前11時30分という時間帯は、多くのラジオ局で聴収率がとれない「魔の時間帯」とされている。その要因はTBSラジオで放送している『安住紳一郎の日曜天国』(毎週日曜日、午前10時から)にある。『日曜天国』は全ラジオ番組を対象にした最高聴取率ランキングで堂々の1位を誇る「怪物番組」で、あまりの人気ぶりから多くのラジオ局は完全に白旗を上げている状態なのだ。

 いくらスーパースターのキムタクといえどたやすい相手ではない。今回の時間移動は、キムタクの「死枠」への左遷とも言える。へたをすれば番組打ち切りの危険性もはらんだ大博打と言えるのだ。

 乗り換えた船が、沈没寸前の「泥舟」でないことを祈るばかりだ……。

ラジオ番組『What's up SMAP!』終了 8月から日曜昼に新番組『FLOW』スタート

俳優の木村拓哉が20日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM『木村拓哉のWhat's up SMAP!』(毎週金曜 後11:00)に出演。来週27日の放送をもって、番組が終了することを発表した。8月からは曜日を変えて、日曜の午前11時30分から25分間の新番組『木村拓哉 FLOW』がスタートする。

 船舶免許を取得したことから「もし船を買った時に、どんな名前がいいか?」ということをリスナーに呼びかけ、その候補を披露した後、木村が「ここで発表があります、お伝えします」と切り出し、「1995年1月に今やってますこの『木村拓哉のWhat's up SMAP!』という船に乗らせていただいて、出港させていただいて、キャプテンを務めさせていただきましたが、スタッフのみなさんといろいろとお話をし合って『そろそろ、この船降りて、次の船に乗ってもいいんじゃないの』という話になり、22年以上乗ってきたこの船を1回降りて、次の船に乗ろうと決意しました」と明かした。

木村拓哉が突然「小型船舶操縦士免許1級」を取得した理由

木村拓哉が6月8日放送のラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)で、小型船舶操縦士免許を取得したことを明かした。型船舶の最高ランクである1級で、操船できる海域に制限がないものだという。

木村は以前にもこの番組で船舶免許について「言ったことはすぐ行動に移したくなる自分が、いまだに取れてないです! これを持っておくとこんなこともできる、ということがあまりにも多くて。なのに、まだ行けてない」と話していた。

「免許を取得した理由は、子供たちと妻の工藤静香への家族サービスのためでしょう。木村は先日、モデルデビューした次女のKokiともいまひとつコミュニケーションが取れていないと報道されました。それもそのはずで、次女と工藤は家庭内で英語で話しているので、木村はその会話には入れないのです。というわけで、少しずつ溝が広がっているわけですが、その溝を埋めようと木村は必死なわけです」(芸能記者)

木村は慕っている明石家さんまにも「船舶免許を取ります」と約束をしていたそうだ。

「木村はさんまに『船舶免許を取って、ふたりでやっているサンタクのロケに行きましょう』と言ってしまったことがあり、このときの約束を果たそうと木村は懸命でした。さんまからも『いつ免許取るんや』とプレッシャーを掛けられていたようです」(同・記者)

中居正広と木村拓哉「ジャニーズ独立」いよいよSMAP再結成か

ジャニーズ事務所の中居正広と木村拓哉が独立するのではないかと芸能メディアでしきりに報じられるようになっている。さらには5人で『SMAP』が再結成するのではないかという話も出ている。

中居と木村はジャニーズ事務所との契約が9月8日まであり、その3カ月前に進退を決めなければ、自動更新になるという仕組みだ。

この中居と木村の独立についての話は、中居が香取慎吾とふたりきりで会ったという話が拍車をかけている。

「昨年、香取がジャニーズを辞めた際に、中居は高級ブランドのバッグをプレゼントするなど、細いつながりを保っていました。今回の中居と香取が会ったという話は、中居が強引に香取に接触しただけで、香取から連絡したわけではありません」(ジャニーズライター)

ではなぜ、中居と木村がジャニーズ事務所から独立するという話が広まっているのだろうか。

「今回の中居と木村の独立説は滝沢秀明の周辺から出ていると囁かれています。滝沢は、SMAP独立を主導してジャニーズに反旗を翻した中居がいまだに在籍しているのが許せない。木村のことも最初はSMAP独立に同意していたので目障りに感じている。だからふたりが独立するという情報を流して、ジャニーズ内での自分の地位を盤石にしたいという目論見があるのです」(女性誌記者)

滝沢はジャニーズ事務所において近藤真彦と東山紀之に次ぐナンバー3の地位にいる。この地位を脅かしたり、邪魔になる人間は徹底的に排除していくつもりのようだ。

妹のKoki,はモデルデビュー、木村拓哉の長女は逆輸入アーティストを目指す

15歳にして女性誌「ELLE JAPON」の表紙モデルを務め、鮮烈な芸能界デビューを果たしたKoki,。木村拓哉と工藤静香の次女というサラブレッドであり、撮影したベテランカメラマンからはモデルとしての才能を絶賛されるなど、早くも人気モデルへの道を歩み始めたようだ。

ここで気になってくるのが長女の存在である。現在は高二の彼女、過去の報道では姉妹ペアで48グループにスカウトと伝えられたこともあるが、その長女は妹を追って芸能界デビューを果たすのか、それとも別の道を歩むのだろうか。音楽ライターがこんな見立てを示す。

「長女はかつて都内のイギリス系スクールで音楽を専攻。2年前にはフルートの全国大会で優秀賞を受賞し、中等部の校長から祝辞を受けたほどの腕前です。現在は音楽系の高校に通っていると言われており、このまま国内の音楽大学に進学する手もありますが、彼女なら大学から音楽留学する可能性が高そうですね。器楽奏者の場合は音大を卒業してから留学するケースも多いのですが、英語がハンデにならない彼女なら、早い時期に高いレベルでの教育を受ける可能性も高いでしょう」

国内の音大であれば「キムタクの娘」ということで過剰に注目され、演奏の実力を正当に評価されない恐れも否定できない。それなら日本人の少ない海外の音大で武者修行し、色眼鏡なしの環境にてコンテストでの受賞を果たせば大きな自信につながるはずだ。

「海外のコンクール入賞で箔をつけて“逆輸入”されれば、日本の音楽業界にもスムーズに入れそうです。Koki,のように最初から芸能界を目指すなら、木村・工藤夫婦の娘という肩書はプラスになりますが、音楽の世界となると話は別。高名な音楽家の娘ならまだ親の七光りも期待できますが、ここはやはり個人として勉強できる環境に身を置くほうが良いのではないでしょうか」(前出・音楽ライター)

 果たして大学を卒業する6年後、日本の音楽界に「Cocomi」は現れるのか。期待が高まるところだ。

AKB入り、SMAP解散、紆余曲折あった木村拓哉の娘Kokiのデビュー

ファッションモデルのデビューが話題騒然となった木村拓哉と工藤静香の愛娘Koki(コウキ)。この眩い輝きを放ち始めている15歳に対して、インターネット上では見るに堪えない“妬み”が書き込まれている。


《親父がチビで短足、母親も小柄なのに170センチって何食って育ったんだ?》
《フルートやってる人って姿勢がいいらしいよ。その賜物だね。これから大人になればいろんな意味でフルートやっててよかったって思う「瞬間」が来るよ(笑)》
《実物をこの目で見ないことには判断できないけど、やっぱり顔って大事!お父さんに似てホントによかったね》

うらやましいという感情が引き起こした構図なのかもしれないが、何とも下品な投稿が多い。

そんなKokiだが、実は以前から芸能関係者のあいだで『AKB48』グループへの加入も囁かれていた。

「AKB48のオーディションを受ける話は運営サイドから工藤のところに話があり、『特別扱いするから』と口説かれたと噂されています。ところが本人は全くアイドル活動に関心がなく、この話はすぐに流れたそうです。もしAKB入りしていたら間違いなくセンター候補だったでしょう」(芸能関係者)

AKB入りの話の真贋は定かではないが、今後はトップモデルを目指してウォーキングなどのレッスンのほか、英語、フランス語、スペイン語も勉強中だという。

「表紙デビューを飾ったファッション誌『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)の7月号でKokiは《人は人、自分は自分。誰かと比べることなく自分を信じる強さと、長所と短所をしっかり見つめて前に進むことの大切さ。それを教えてくれた両親は私の誇りです》とコメントするなど、とても15歳とは思えない大人びた印象でした。とにかくとんでもない逸材という雰囲気をすでに出しています」(芸能ライター)

一部では、もしも『SMAP』が存続していたら、コウキのデビューは不可能だったともいわれている。

「仮定の話になってしまいますが、SMAPの元マネジャーだったI氏だったらKokiのデビューを許さなかったでしょう。木村が“年頃の娘の親”という目でみられることになるのはマイナスでしかない。だから逆に言えば、KokiのデビューはSMAP解散でI氏が木村から離れたことで叶ったものなのです」(同・ライター)

デビューに際しての背景はどうあれ、芸能界は新たなスーパースターを手に入れたようだ。

木村拓哉の親バカと娘Kokiに心配される「2世の方向性」

5月28日発売のファッション誌『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)の7月号で表紙を飾ってモデルデビューを果たした木村拓哉と工藤静香の次女のKoki(コウキ)。顔から上半分が父親の木村にそっくりで、巷では「かわいい」以上に「かっこいい」という声が相次いでいる。

SNSではファッション誌の表紙を飾ったニュースが拡散されると、関連投稿が多く集まった。

自分の娘のデビューに際して、木村は気が気でない様子だったという。

「当然ながら木村は娘が心配でしょうがないようで、雑誌モデルの撮影にも『付いていきたい』と周囲に漏らしていたといいます。本当に付いていったら行ったら親バカぶりがたたかれますから我慢したようですが…」(芸能関係者)

この雑誌は全国の書店で発売中だが、これを見てさっそくCMやテレビドラマなどの芸能関係者が注目を始めている。

「凜とした佇まいは独特の雰囲気で、木村のワイルドさと工藤の涼しい感じが程よくミックスされたようです。ぜひとも肉声を聴いてみたいし、演技も見てみたいです」(演出家)

1 2 3 4 5 ... 34 35