1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hiraoyogiさん

『「歴史戦」はオンナの闘い』

新たな「歴史戦」の火蓋が切られた! 本書に記された以下の見出しやコピーをご覧いただきたい。

中国の政治工作はオンナの使い方が巧み!
オール・チャイナによる「歴史戦の旗艦施設」
「慰安婦問題」はオンナを使った錬金術
国連は「弱者に優しい中立な国際機関」なのか?
コミンテルン活動の温床となっていた日本
「歴史戦」の最終目標は“日本の属国化"……etc.

宋美齢、アイリス・チャン、クマラスワミ……。米中を舞台とするオンナたちの反日工作で、日本は不当なレッテルを貼られてきた。だが、「日本が日本でありつづける」道はまだある!天安門事件(1989年6月)以前からの中国社会を熟知する河添恵子(ノンフィクション作家)が、歴史家が記さない中国のタブー、“密室でつながる力"などに論及! 国連へ乗り込み、慰安婦問題の嘘に果敢に斬り込んだ杉田水脈(前衆議院議員)が語る左翼の裏事情! スカッと男前で、斬新すぎる1冊! (Amazonより)

ちなみに先日の中止になった川崎ヘイトデモの参加者が杉田水脈さんを英雄視するこういうプラカードを

6月5日・川崎ヘイトデモで掲げられたプラカードのひとつ。杉田水脈って、地上波で映しちゃいけないらしい。 pic.twitter.com/FvoLlFzcej

杉田水脈(次世代の党/兵庫6区)  衆院選候補者“極右ヘイト”ランキング(中編)
http://lite-ra.com/2014/12/post-692.html

杉田水脈氏「私はヘイトスピーチは日本には存在しないと思っています」「日本人だったら、ヘイトスピーチをやる人はいないと私は思っています」「だからヘイトスピーチの法案については特に必要ない」

この杉田氏


杉田水脈氏が自民党から総選挙に出馬→安倍首相の推しで比例優遇?で当選その他諸々
https://matome.naver.jp/odai/2150673456870188001

河添恵子さんに関してこんなコメントが

14日付産経に大川隆法の霊言書の全面広告。きょうの標的は『ザ・レイプ・オブ・南京』の著者、アイリス・チャン。幸福の科学と密接な関係をもつ渡部昇一氏(上智大名誉教授)が推薦の言葉を寄せている。事実関係に厳密でないという意味では、幸福の科学は産経新聞と親和性が強い。

河添恵子さん、渡部昇一さんだけでなく、加瀬英明さん、黄文雄さんも。

それでは、山口智美さんのツイートなど

川添恵子&杉田水脈『「歴史戦」はオンナの闘い』が届いてしまった。『海を渡る「慰安婦」問題』の発売日に届くとは。パラパラめくってる段階だが、かなり凄まじい内容だなこりゃ。

『「歴史戦」はオンナの闘い』での河添恵子。国連女子差別撤廃員会に関する箇所で、日本の左翼勢力は「『日本をジェンダーフリーな共産主義国家にするため』操られてきたコマ、コミンテルン思想や組織が世界の舞台でパワーアップ、それにイルミナティの関与がないわけはない!などといった調子。

『「歴史戦」はオンナの闘い』杉田水脈「アメリカもそうですが、慰安婦像を何個建ててもそこが爆破されるとなったら、もうそれ以上、建てようと思わない。建つたびに、一つひとつ爆破すればいい。」河添恵子「住民も危険だからって皆、慰安婦像の建設に反対してくれる(笑)」(141)ひどいな。

「アメリカもそうですが、慰安婦像を何個建ててもそこが爆破されるとなったら、もうそれ以上、建てようと思わない。建つたびに、一つひとつ爆破すればいい。」とか言っているのが、元衆議院議員という悲劇。

↓RT こみんてるん♪だけならともかくイルミナティまで!

やはり買わねばならんのか、『「歴史戦」はオンナの闘い』。ブックオフに並ぶのを待つつもりでいたが。

私が逮捕されたら床に積み上げたウヨ論壇誌がテレビに映るわけか……w https://t.co/MtREhJ3IOn

↓RT 念の為に申し添えますが、さすがにイルミナティは右派論壇でもそうそう出てきませんけど、コミンテルンの方は日本の右派論壇ではバッチリ現役ですからね!

凄まじい記述が次々に出てくる『「歴史戦」はオンナの闘い』。杉田「ソ連崩壊後、トホホな日本を舞台にコミンテルンのうごきは活発化していますよね。他国もそうですが、洗脳計画は現在進行形で進んでいると思います。コミンテルンが国連内部にも入り込んでいることも実感しました。」(224)

杉田に答えて河添「『戦後の勝者って、コミンテルンなのかな?』と総括しています。」

杉田「他人のためにお金を使うのはイヤ、でも自分が貰えるものは最大限いただく、その最たるものが生活保護ですよね。子供たちに「大きくなったら何になりたいですか?って尋ねたら、「公務員」と答えると話しましたが、それはまだいい方で、大阪だと「生活保護!」と答える子供がいるそうです..」

↓RT こういう与太話に「エビデンス出せ!」というのも虚しいが、百歩譲ってそういういちびったガキがいたとして、そりゃあんたらがさんざん「生活保護受給者は甘い汁吸ってる!」という神話を吹聴してるからだろうが、と。

杉田続き「大阪は日本であって日本でないみたい(笑)」(215)再度繰り返しますが、元衆議院議員のお言葉ですよ。。

『「歴史戦」はオンナの闘い』、かなりトンデモ本としてレベルが高い部類だと思えるわけだが、特色は、主流保守勢力の最近の動きと同じく、「歴史戦」の敵を中国とみなしている色彩が強いところかと思う。河添が特にそちら方面に持っていってるかもしれないが、杉田もすっかり引きずられている感じ。

戦勝国の漠然とした思惑やら、自分にとって都合の悪い政治状況の原因にコミンテルンという名前をつけるのだとしたら当然そういう結論になる。そろそろコミンテルンが世界征服してもいい頃。

すげええええええ!俺たちはもう一度「戦争と革命の世紀」を生きているって感じですね!!:「コミンテルンの動きは活発化している」:https://t.co/poMBXkyfpL

いやーとにかくコミンテルンすごいみたいですよ。で、それをたぶん操ってるのはイルミナティ!というトーンの本でございます。

1 2 3 4 5 6