1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

1 宇津井健の遺産相続問題

故・宇津井健さんが亡くなってから2年となりますが、現在後妻と長男との間で遺産相続争いが起こっているそうです。

俳優・宇津井健(享年82)の死去後、2年が経過した。宇津井は亡くなる当日に、名古屋の高級クラブ「なつめ」のママ(当時80)と入籍した。当初は「真実の愛」などと、美談としてもてはやされたが、このことが原因で、この後妻と長男との間で、宇津井の相続財産を巡って争いが起きている。

配偶者と子供に血縁関係があればいいけど、宇津井健の様に臨終間際に再婚。遺産は放棄と言いながらその後撤回してゴタゴタとなれば問題が大きい。 twitter.com/asahi/status/7…

『宇津井健の結婚・死別と再婚 元嫁は友里恵さん、妻は「なつめ」オーナーマダム加瀬文恵さん(画像)』芸能アイランド|gisland.seesaa.net/article/439245… #宇津井健

宇津井 健

名前
宇津井 健 (うつい けん)
生年月日
1931年10月24日
出身地
東京都
1931年10月24日生まれ。東京都出身
俳優座養成所4期生として入学。
1952年映画「思春の泉」で主演デビュー。
映画会社 新東宝・大映に所属し100本以上の主演映画に出演。
その後映画のほかテレビ・舞台などに活動の幅を広げる。
2014年3月14日慢性呼吸不全の為、永眠いたしました。

大人気長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の2代目:岡倉大吉(劇中に出てくるお食事処「おかくら」の大将)として、まだ記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

2 後妻も遺産相続の当事者になるのか?

話は宇津井さんが亡くなった日にさかのぼる。その日、宇津井さんは名古屋の名門クラブ『なつめ』のママである文恵さん(82才)と入籍した。わずか5時間足らずの結婚生活だった。

亡くなる5時間前という驚きのタイミングでの入籍ですが、このような場合でも相続人たり得る「配偶者」としての地位を有する以上、後妻も相続人になります。

財産を「誰が」「どれくらい」相続するのかについては、法律で定められています。

法律で定められた相続人を「法定相続人」と言います。この法定相続人については、亡くなった人の配偶者(夫や妻)と、血族(これを「血族相続人」と言います)がいます。

例えば、被相続人に配偶者と子がいる場合は、法定相続人は配偶者と子だけになります。

後妻も、配偶者として法定相続人となるため、宇津井さんの子どもと並んで法定相続人となるわけです。

そこで、なぜトラブルが生じるかというと、このように定められた相続人間で「遺産分割協議」をしなければならないからです。

この遺産分割というプロセスが、しばしば紛争の場になります。

相続人が複数いる相続では、相続開始とともに相続財産(遺産)は複数の相続人により共同で所有されます。
遺産分割は、被相続人が亡くなったことによって発生した暫定的な共同所有状態を解消して、個々の財産について新たな持ち主を決める手続きとなります。

誰が、どの財産を、どのくらいの割合で相続するのかについて、話し合いをして遺産の分け方を決めることを遺産分割協議と言います。

何もしなければ遺産は相続人間で共有となるのですが、共有のままだと色々不都合が生じるため、このような遺産分割手続がなされます。

ですが、“協議”によって決定するといっても、赤の他人同士ですんなり決めるのはなかなか難しいモノなのでしょう。

さらに、今回は長男(宇津井さんの前妻との間の子)と、後妻とでの協議となるため、さらに複雑な問題が生じます。

例えば、仮に宇津井さんの遺産を後妻が全てもらうことになれば、その後に後妻が死亡した場合に、長男は相続人になりません。
なぜなら、長男は“後妻の子”ではないからです。

父が先に死亡し、遺言や遺産分割協議で後妻が父の財産の全てを相続した場合、父の財産は前妻との間の子には全く残されず、そして後妻の死亡によって前妻との間の子は法定相続人とならないため、場合によっては前妻との間の子は父の財産を「全て奪われる」ということもありえます。

このような事態もあり得るため、長男と後妻との間の遺産分割協議が争いの場になりやすいのです。

宇津井さんの死から2年たった今なおこのようなニュースが流れることから、いかに遺産分割の合意が難しいかがうかがわれます。

いきなり来た後妻が2/3を持っていく弊害があり、古来日本の長男相続が一番いい。 --- 相続法制の見直し、配偶者を優遇する案 法制審の部会 (朝日新聞デジタル - 06月22日 07:01) mixi.at/aa23P2h

【配偶者の遺産相続拡大 民法改正試案 介護の金銭請求も】 あ〜!ソレ、止めた方がいい。( ̄▽ ̄) W不倫の挙句、2つの家庭を壊して再婚した、ウチの父、『全財産を後妻に』という遺言を遺して死にました。 何の罪も償ってないクズが多いw headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-…

3 他人事ではない!早めの対策をしておきましょう。

このような場合に備え、先を見据えて父が遺言を作成しておくことが考えられます。

5時間前に婚姻…というのは流石に珍しいかもしれませんが、後妻と子の間の相続争いはそれほど珍しいものではありません。

このような事態になりそうなのであれば、あらかじめ遺言を作成しておきましょう。

遺言でビシッと定めておけば防げる紛争もあります。

1