世界選手権(9月27日開幕・カタール、ドーハ)代表選考会を兼ねて開幕した。男子100メートル準決勝が行われ、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は追い風0・2メートルの条件下、10秒22の1組2着で決勝へ進んだ。同組1位は10秒09の小池祐貴(住友電工)。2組1着はサニブラウン・ハキームの10秒05だった。

出典https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

100m走、日本人初の9秒台は誰?(桐生祥秀、サニブラウン、ケンブリッジ飛鳥、多田、山縣、小池)

日本人初の9秒台はサニブラウン、多田修平、ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀、山県亮太、小池裕貴の誰になるのか?2017年シーズンについて。2016年6月からのまとめ随時更新。2019年世界陸上ドーハの最新情報。

このまとめを見る