避暑地としての軽井沢のスタートは1886年(明治19年)、カナダ生まれの宣教師アレキサンダー・クロフト・ショー氏が当地を訪れ、その美しい清澄な自然と気候に感嘆し、家族、友人たちにそのすばらしさを推奨して、その夏この地へ避暑に訪れたのが最初だと言われている。

出典軽井沢観光協会公式ホームページ | 軽井沢を知る | 避暑地としての軽井沢の誕生

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

嵐・櫻井翔からビル・ゲイツまで?軽井沢の別荘人気が止まらない!

嵐・櫻井翔が2億円で軽井沢に土地を購入!?土地を購入した理由については事務次官を退任する父・櫻井俊氏や家族のためではないかと言われている…

このまとめを見る