出典 manapedia.jp

世界恐慌 暗黒の木曜日とは

著しい成長を遂げていたアメリカ経済ですが、1929年10月24日、ニューヨーク株式市場の株価が大暴落します。大恐慌の引き金となる「暗黒の木曜日」です。
貿易の縮小

戦後の復興を目指していたヨーロッパ諸国が次第に高関税政策をとるようになったことで、世界的に貿易が縮小した。

このような状況が重なって起こった恐慌は、アメリカ全土に広がり、その影響は全産業に及びます。その結果、さまざまな金融機関や企業が倒産し、その数は4500社にもなりました。

この情報が含まれているまとめはこちら

【特集】イギリスがEU離脱へ!離脱の背景と日本への影響を解説

EU離脱の背景にある党首争いとは。一体何が起こっていたのか?そして世界への影響、更に日本への影響とは【What is the EU】

このまとめを見る