1. まとめトップ

蚊対策・・・薬剤を使わずに部屋に侵入した蚊を何とかしたい 肉弾戦5つのススメ

人体に影響の出ない蚊対策。環境に優しい蚊退治。それは紳士淑女の嗜み。

更新日: 2016年06月24日

4 お気に入り 119210 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

eggy-daddyさん

部屋の中 隠れた蚊はなかなか見つからない

ところで蚊が全然倒せないままずっと部屋に居座ってんだけど、あいつ飛び回らずに壁とかで休憩してるから余計見つからない

寝てたら鼻の頭蚊に刺されて地獄。蚊も見つからないし地獄。

蚊の寿命:駆除しなければ1か月近く蚊に悩まされることに

普通の生活環境では成虫になってから
3週間くらいの寿命

出典http://毎日雑学.com/ka-jiki-3974

蚊が見つからない時は「蚊がいなくなるスプレー」 ~ 効果は大きいがその分悪影響も怖い

ピレスロイド系薬剤
メーカー側は安全性を謳っているが・・・

薬剤の影響で人体にも影響(目、鼻、のど)が出る場合がある。食品(料理など)が置いてある場所では使うと食品自体に殺虫剤成分が付着する。動物(小動物や魚類など全て)をペットとして飼っている場合は、そこで使うとそのペットが死んでしまう可能性もある。

出典http://珍ギフト.jp/kagainakunaru-spray-2079

残された道は肉弾戦しかない

特に小さなお子さんやお年寄り
赤ちゃんがご家庭にいらっしゃる方など
薬剤を使用するのは
心配ですよね。

以下に薬剤を使わない
蚊対策を紹介します。

1.索敵 ~ 電化製品など部分的に暖かい場所や暗い場所を探す

飛行能力を有しているとはいえ
所詮は下等生物。
隠れているところを発見し
奇襲を仕掛け
一気に制圧したい。

屋内に潜んでいる蚊を見つけるポイントは2つあるそうです。1つが「温度」です。蚊は約25〜35℃の暖かい場所を好むため、屋内なら、電話やオーディオ機器、コンセント、ゲーブル周り、日中陽を浴びているカーテンなどに潜んでいることが多いそうです。もう1つが「暗い場所」です。蚊は家具の隙間やテレビの裏など暗い場所を好みます。

出典蚊の屋内での隠れ場所は?蚊を簡単に捕まえる方法は?がNHK『マサカメTV』で放送されていました - ディスディスブログ

一度蚊を捕まえようとして取り逃がすと暗がり(明るいところよりも暗いところが好き)や物陰に潜んで静かになるのを待ってでてきます。

蚊は暗い所を好みます。部屋の中では座卓の下、ベッドの下などに隠れています。

2.陽動 ~ 無風状態で室温を25℃以上に保ち、自身を囮に誘引

虫と人間の知恵比べ。
喰うか喰われるかの戦い。
食欲に敗けて誘われるがままに
出てきたところを始末する。

相手の
「二酸化炭素に集まる」
「熱に集まる」
「臭いに集まる」
という特性を利用し
自身を囮にすることは優良な選択肢になり得る。

また
「風に弱い」
「気温25℃以上で活動が活発化する」
という性質も併せて利用すれば
必ずや勝利の女神は微笑んでくれるだろう。

全ての冷房器具を切って室温を上げる
無風状態に
無音状態に
体温を上げる。汗や臭いを発していれば尚グッドw
適度なアルコール摂取も有効

多くの蚊は、気温が15℃以上になると吸血を始め、25〜30℃まで上昇するとさらに吸血活動が活発化

3.トラップ設置 ~ テレビを点ける

索敵の項目でも
熱に集まる性質について触れた。
熱源を利用して誘き出す方法は
非常に有効だ。

相手が捕食対象かどうかも
分からずに
近づいてくるなど
なんと滑稽で哀れな生き物である。

蚊は40度程の温度の物に集まる習性があるそうです。おびき寄せるとすれば蚊の好む温度がある場所を作ると寄って来るそうです。家庭に一台はあるテレビをつけると丁度40度ほどの温度になるそうで、テレビをつけると液晶画面に寄ってくるところを叩くという方法があります

蚊は熱に反応する習性があるので、テレビなど熱を発する電化製品におびき寄せます。
出来れば、その近くが白い壁やったりすると蚊を発見しやすいですね。

4.防衛 ~ 扇風機が効果的

1 2