1. まとめトップ

なぜ英国民はEU離脱を望んだのか…ある"解説"がネットで話題に

イギリスの国民投票の結果、「EU離脱」派が勝利。イギリス国民はなぜEU離脱に票を投じたのか…。ある現地在住日本人による「解説」がわかりやすいとTwitterで話題となっています。

更新日: 2016年06月24日

22 お気に入り 29764 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆国民投票の結果、イギリスは『EU離脱』を選択した。

欧州連合(EU)離脱か残留かを問う英国民投票の結果は、「離脱」多数で決定。52%が「離脱」、48%が「残留」だった。

キャメロン英首相は24日、国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定したことを受けて記者会見し、辞意を表明。

◆世界経済は混乱状態に…

英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票は予期せぬEU離脱という結果になり、経済悪化の懸念から、欧州のみならず世界的な危機を招く深刻な事態となった。

EUの先行きに不透明感が強まったことが、世界の政治・経済にとって一段の重石になるのは避けられそうにない。

◆そんな中、Twitterでは『イギリス国民がなぜ離脱を希望したのか?』に関する"解説"が話題となっている。

国連でのキャリアも持つ「めいろま」こと谷本真由美氏が、なぜイギリスの有権者が国民投票でEU離脱に票を投じたのか解説している。

イギリスの庶民的には、なぜEUを脱出したいかというと、EUから人が山の様に来てしまって、病院や電車が混む上に、学校の教室が足りないから。年に18万人も来る。そして帰らない。ビザいらないので。ブルガリアとルーマニアからは年に5万人も来る。月収5万円ぐらいの国だから皆イギリスに来たい

谷本真由美氏自身もイギリスに移住した移民。

私はビザをちゃんととって納税してきた移民で専門職なので、失業者や納税しない移民とは違います。RT @beawareafter311: @May_Roma うーん、でも、めいろまさんご自身も移民ですよね。自分はOKだけれど、他の移民は厄介かもという論調にならぬよう注意では…?

現地の状況に精通する谷本真由美氏のツイートから"生々しい実情"が次々と浮かび上がってくる。

EUはビザなしで自由に行き来できる仕組みを整え、これにより経済が活性化すると思われた。しかし、実際は低所得の国からの大量の移民が流入する流れに。谷本氏のツイートによってイギリス国民の"不満"が浮き彫りになる。

イギリスの庶民的には、ガイジンが増えるから困るというよりも、「人」が増えて色々困っているというのが正直な感想。ここの人達はガイジンには慣れているし寛容。ただEUからこんなに人が来るとは誰も予想してなかった。政府の予測は大外れだった。自治体が耐え切れない状態になっている。

日本の人は知らないと思うのだけど、EUの人がイギリスに移り住んだ場合、税金一円も払ってなくても医療費も学校も無料。通訳まで付けてもらえる。病院は年間予算が決まっているから沢山治療しても予算が増えるわけではない。学校も同じ。人が増えれば増えるほど苦しくなる仕組み。

そしてイギリス庶民が最も恐れているのは、トルコがEUに加盟すること。加盟したらトルコ人もイギリスに自由にこれるようになるんですが、月収6万円の国で、あそこにはシリア難民も大量にいる。トルコは人口も多いですから人が大量に来てしまう。しかもテロリストも混じっているかもしれない。

EUから人が来る場合、EU市民なら誰でもイギリスに移住できるので、元犯罪者とか、テロリストの可能性がある人も入ってこれちゃうんです。しかも犯罪者を強制送還できない。EUの決まりがあるので。チェックが機能しません。加盟国(特に新規)には超いい加減な国も多いので庶民的には怖い。

EU離脱を求めるのは年寄りのエゴというのとはちょっと違う。例えば子供がいる中流のサラリーマン。子供が病気になってもEUからの移民激増で病院のERは4時間待ち、公立は英語不明な外国人生徒が激増し授業が成り立たない上教室ギューギュー。不動産高騰で家買えない。中流も離脱したい

前にも書きましたが、日本のEU研究者はEUは人類の進歩だとか、民主主義の進歩形態だと絶賛していましたが、ここしばらくの難民の押し付け合い、金融危機の処理、そして今回のイギリスの離脱などに対してどういう意見なのか、伺ってみたい感じですね。ちゃんと現地調査やってるんでしょうか?

イギリスがEUに残留し、トルコ、マケドニア、セルビアからも人が入ってきていたら、国内で暴動が起きていたかもしれません。。。外国人排斥じゃなくて、人が増えすぎて病院、学校、交通、住宅が対応できなくなってしまって。。。イギリス平均月収25万円、それらの国は4-6万円ですから大量に来る

(再掲)イギリスEU離脱に関する補足情報。今回の離脱の最大の引き金はギリシャ金融危機と難民問題。イギリスへの移民は年に30万人、EUから18万人。EUからくる人はビザ不要、誰でも住めて医療費学校福祉無料。政府予測大外れで病院や学校がキャパオーバーで市民生活直撃で皆うんざり

イギリス病院キャパオーバーの事例。ER待ち時間は4-7時間。EUからの移民激増で誰でも治療無料の国立病院患者激増で検査は数カ月待ち当たり前。人で不足で手術キャンセル日常。小児科病棟でも1歳にレンジでチンの冷凍食品。出産退院一日。昔は一週間入院。外国人には税金で通訳つける

移民激増のイギリス。年に24万の新築住宅必要だが人増え過ぎで年に17万件しか建てられない。住宅不足で持ち家も賃貸も値段激増。公営住宅は順番待ち。ロンドン郊外給料半分以上家賃。新卒若者中古1DK購入頭金貯めるのに24年労働必要。需要激増で供給追いつかない。だからEU離脱希望多数

EU加盟国。スペイン、イタリア、ギリシャは若者ひどい失業率。大人も仕事なし。新規加盟東欧諸国、月収4-6万円、田舎は現金収入月5千円とかのレベル。それらの国からイギリスへ稼ぎに来る。最低賃金でも月収25万。英語通じる上ガイジンにオープン。言葉分からないドイツやフランスに行かない

1 2