1. まとめトップ

本当に効果あるの?いびき手術(口蓋垂の一部切除)をした後の2週間と手術結果

いびき改善のために、口蓋垂(のどちんこ)を一部切除した体験をまとめました。手術の実態、その後の状況を書いてみます。検討している方の参考になればと思います。

更新日: 2016年07月02日

7 お気に入り 103813 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

n-m-papaさん

いびきの原因

いびきの語源

「いびき」の語源については、いびき(息引・息吹)説、いひびき(息響・気響・唾響)説、いきびき(息響)説、いきひびき(息響)説、ねいきひびき(寝息響)説など諸説ある[1]。平安時代の漢和字書『新撰字鏡(しんせんじきょう)』にもいびきの語がみられるという。
また、漢字の「鼾」は「鼻から出る干声」の意味で「干声(かんせい)」とは「大きな音」という意味であるという[1]。

いびきを気にしている人たちは多くいる

ミニストップのイートインで可愛い女性が大いびきかいて寝てる~

だって怖い映画観たから…。お父さんはいびき凄くて一緒に寝れないし…。誰もいない部屋いるの怖いんだもん!

治る!「家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル」感想 口コミ ibiki.miak.net

反対隣の方、 バスで寝るのはいいけども… いびきうるさー⤵️

手術の前の問診

いびきの手術をしてみた

2016年5月 電話で予約を取って問診へ。20分ほどの問診でしたが、いびきの原因として肥満から首周りの太い、下あごがそもそも小さい。ストレス、アルコール、鼻やのどの疾患などと説明を受ける。
僕の場合は、肥満(168cm/73kg)と下あごが小さいこと、扁桃腺が人よりも少し大きいこと、気道が少し狭いことが原因と診断。

手術前のトレーニング

15分間の手術であるが、1分レーザーメスで切って、休むの繰り返しとのことで、口を開ける練習をしておいてくださいと言われた。舌を上にあげないように「あーーーー」と声を出しながら1分間口をあける練習をする。結構簡単にできた。先生によるとたまにできなくて手術を断念する人がいるらしい。

いよいよ手術当日

ドキドキしながら病院へ。
最初に手術の説明。あまり考えていなかったが、後遺症とかでないのか?のどちんこがなくなることで困る事がないのかを聞く。
後遺症までいかないが弊害は下記2点。
①「じゃ・じぃ・じゅ・じぇ・じょ」「ぎゃ・ぎぃ・ぎゅ・ぎぇ・ぎょ」が連続して少し言いにくくなる
②水を一気に飲んだ時に鼻に回る事がある。これは普段でもあること・・・
手術のサインをして準備へ・・・

手術準備開始・・・

待合室に通され、3段階に分けて、ゼリー状の麻酔、スプレータイプの麻酔、局所麻酔をする。
ゼリー状の麻酔が10分ぐらい上を向いていたので疲れた・・・

手術台へ

練習していた口あけを実践。
緊張のせいか下に力が入る。看護婦さんにステンレスの板で舌を押えられながらの手術。
局部麻酔なので自分の足で手術台に向かい、先生との会話もしながら手術が進む。
本当に15分程度で手術は完了。
術中にむせる事はあったが、痛みは全くなく、血も出なかった。
術後ののどの状態は、白い焦げ目のようなものが付着して、舌の奥でそれらが当り違和感が残る。

手術代金支払い

保険適用で約3万円のお支払いをして帰る。

1 2 3