高校一年生の芳山(よしやま)和子、深町一夫、浅倉吾朗の3人が理科教室の掃除をしています。二人の男の子が手を洗いに行っているとき、和子は理科実験室でもの音を聞きます。ドアを開けます。ガラスが割れる音がして、さっと身を隠す影を見ました。ラベンダーの香りが漂います。和子は、意識を失いました。床に倒れている和子を発見した一夫と吾朗が、担任の福島先生をつれてきます。和子は意識を取り戻しました。和子に不思議なことが起こり始めます。

出典http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/hon/070.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知っておくともっと楽しめる!?「時をかける少女」の雑学・豆知識まとめ

映画化・ドラマ化・アニメ化・舞台化など、これまで幾度となく映像化されてきた不朽の名作「時をかける少女」!そんな「時かけ」に関する豆知識・雑学・解釈等をまとめてみました!

このまとめを見る