1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

独自の観点が面白い!王道から少し外れたスポーツ漫画

独自の観点で描かれた、王道から少し外れたスポーツ漫画のまとめ。

更新日: 2016年07月04日

flyinghoneyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
209 お気に入り 93413 view
お気に入り追加

PL学園をモチーフとした野球部員の寮生活を描いた漫画

作者:なきぼくろ
既刊6巻(2016年6月時点)

実際に甲子園の土を踏みヒットも打ったことのある実践派の作者による野球漫画。舞台はPL学園をモデルにしたDL学園。

DL学園野球部は端的に言えば軍隊。選手の人格を丁寧に磨り潰し、野球をするためのマシーンへと作り替えていく。このことの是非はともかく、甲子園で優勝を目指すということがどれだけの難行であるのかが実体験による説得力を伴って描かれている。

高校野球における名門PL高校を題材とした漫画。作者が元PL男児ということもあり一般人は知らないような内情が詳しく描かれており、とても楽しめる。

何回読んでも素でエグい!! 『バトルスタディーズ』

弟が貸してくれた バトルスタディーズって野球漫画が面白くて一気に読んでしまった

『バトルスタディーズ』野球好きな人なら超楽しめる!野球知らない人でも面白いのは伝わるはず。 これから甲子園シーズンなので是非!

クラブチームの監督が主人公のサッカー漫画

作者:綱本将也、ツジトモ
既刊40巻(2016年6月現在)

弱小クラブであるETUを率いる監督「達海」が主人公のサッカー漫画で、これまでにない斬新な切り口とスタイリッシュかつコミカルな絶妙な表現力から高い支持を得ている。

とにかく最大の魅力は、とにかく様々な人の視線から物語が描かれる事です。主人公の達海猛が最も多いのかというと実はそうでもなく、各キャラクターが様々な困難や課題と戦う中で、その解決や克服のヒントを与えるのが達海猛であるといったシーンは非常に多く、達海はその役割を以て物語の中で忙しく立ち回っている、とも言えるのです。

「必殺シュート」のような現実離れしたプレーはなくて、試合中の描写は派手ではないが、選手や監督やサポーターの心理状態をうまく描いているところに特徴がある。

ジャイアントキリングっていう漫画がすごくおすすめです!✨✨

ジャイアントキリングって漫画 チョー面白い! サッカーやってる人とか見たら けっこう面白いと思う

相手の裏をかく…ルールを最大限利用する…心理戦で描いた野球漫画

この作品はいわゆるよく野球漫画とは全く違うんです。主人公が努力をして上を目指す。それがプロや高校野球という違いはあるが、だいたい青春とか、努力の素晴らしさみたいなのをテーマに掲げた作品が多い。ただ、ワンナウツという漫画はそれとは全く正反対なのです。

主に駆け引きや頭脳戦によって試合が展開されていったり、野球規則の細部条項の数々をストーリーの核として用いたりと、従来の野球漫画には見られなかった要素が多数盛り込まれている。

ONE OUTSはめっちゃ面白いし弟とドハマリして原作全巻あるけど一気に読むと頭がパンクしそうになります。ちなみにLIAR GAME描いた人の野球漫画です。オススメ。アニメにもなってるし明日からアニマックスでやるらしい。オススメ。

ワンナウツって野球漫画おもろいなぁって思って作者調べたらライアーゲームの作者やったそらおもろいわ〜

ワンナウツおもしれ〜www 野球を題材にしてるのに全然野球じゃないの笑うwww

“パソコンのF1レース”オーバークロックを題材にした漫画

作者:二ノ宮知子
既刊8巻(2016年6月現在)

一目惚れした美女が虐げられていると思い込んだ音大生の奏(かなで)は、彼女を助けるため、“パソコンのF1レース”と呼ばれるオーバークロックのディープな世界へ足を踏み入れる。

オーバークロック (Overclocking) とは、クロック同期設計の機器の動作クロックの周波数を定格の最高を上回る周波数にすること。そんなオーバークロックの世界を舞台に物語は描かれています。難しい話に見えますが、読んでみると面白い。ニッチな世界で繰り広げられる競い合いや恋愛が見どころ。

1 2





flyinghoneyさん



  • 話題の動画をまとめよう